第4局 受けの羽生、攻めの豊島

第89期ヒューリック杯棋聖戦
 棋聖戦第4局で、羽生善治棋聖(左)と対局する豊島将之八段=10日午前、新潟市西蒲区の岩室温泉・高島屋(飯田英男撮影)

 羽生善治(はぶ・よしはる)棋聖(きせい)(47)=竜王=に豊島将之(まさゆき)八段(28)が挑戦している産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」の第4局が豊島八段の2勝1敗を受け、10日午前9時から新潟市の岩室温泉「高島屋」で始まった。持ち時間は各4時間の1日指し切り制で、立会人は屋敷伸之九段と村山慈明(やすあき)七段。

 先手の羽生棋聖は5手目▲7六歩と角道を開け、豊島八段も10手目△7七角成とし、9日の前夜祭で屋敷九段、村山七段が予想した角換わりの戦型に。村山七段は「流行の戦型で、激しい変化を含んでいる」と解説する。

 30手目△9四歩までは穏やかな定跡通りの進行。羽生棋聖は37手目▲5六銀、豊島八段も△5四銀と攻守のバランスに優れた角換わり腰掛け銀となった。その後、豊島八段は金や玉の動きで手待ちを繰り返し、攻めの間合いを計った。

 豊島八段は52手目△7五歩と突き、「後手の攻める意思の表れ」と村山七段。53手目▲6九飛は反撃を兼ねた受けの手。「後手が主導権を握ったが玉型が薄く、反動もある。先手はいつでも反撃できる態勢で、激しい攻め合いの展開も予想される」と村山七段は話した。

 こちらの記事で第4局の再現棋譜をご覧いただけます。

 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。

⇒アンケートはこちらから。