したたかEU…使い捨てプラ製品禁止は競争力強化の布石 海を守って世界もリード、新規制へ

激動ヨーロッパ

 欧州連合(EU)がストローなど使い捨てプラスチック製品の流通禁止に向けて動き出した。プラスチック製品のごみは深刻な海洋汚染を引き起こしており、その対策は今や世界の課題だ。欧州が脱「プラごみ」でも率先し、環境対策をリードする姿勢を見せた格好だが、したたかな目算も背景にはあるようだ。(ベルリン 宮下日出男)

 「どうしたら日常生活でプラスチックのごみを出さずにすむのでしょう?」

 ドイツの公共テレビは5月末、女性リポーターのこんな問いかけで始まるドキュメンタリーを放映した。取り上げたのはプラスチック製の容器や包装を使わない食品店。コメやシリアル食品も客が必要量だけを瓶の容器に詰める仕組みで、容器はその後も使える。

日常生活に密接

 別のテレビ局は食品用ラップフィルムの代替品を開発・製造するスタートアップ企業を紹介した。EU欧州委員会が同月28日に新規制案を公表すると、メディアでは日常生活に密接に関わるプラスチックに着目した報道が相次いだ。プラスチックなしの生活に挑戦する体験記なども報じられた。

 欧州委の新規制案によると、対象となる使い捨てプラスチック製品は多岐に及ぶ。ストローやナイフ、フォーク、皿、マドラー、綿棒、風船に取り付ける棒は流通が禁じられ、代替素材への切り替えが求められる。ペットボトルは2025年までに回収率90%の達成を加盟国に義務づける。

 このほか菓子類の袋や食品容器、タバコのフィルター、ウェットティッシュなど代替素材の確保が難しい製品は、ごみ処理費用の一部を製造業者が負担。どれも身近な製品だが、欧州委によると、釣り具・漁具も含め、規制対象の製品はEU域内の海のごみの7割を占めるという。

中国がごみ輸入禁止

 国連によると、世界の海に捨てられるプラスチックのごみは年800万トンで、流出量が多いのは中国などアジア。だが、欧州委のティメルマンス第1副委員長は「欧州は汚染に大きな影響を与えていなくても、問題解決で大きな貢献を果たせる」と意欲的だ。

 ただ、EUの積極姿勢の背景には欧州がここにきて抱えた問題も絡む。中国がプラスチックなど一部資源ごみの輸入を禁止したことだ。中国は長年、国内の資源不足を補うため、各地から資源ごみを輸入してリサイクルしてきた。だが、環境へのリスク軽減のため、今年から規制を始めた。

 EUは再利用のために収集した廃プラスチックの半分を輸出し、対中輸出は実にこのうちの8割以上を占めていた。東南アジアを中心に代わりの輸出先を模索するが、確保できなければ、域内のリサイクル率が3割以下と低いこともあり、廃プラがたまることになりかねない。対策を急ぐのはそうした事情もある。

世界を先導する好機

 欧州委が対策に乗り出すにあたって市民の意見を聞いたところ、95%が使い捨てプラスチック製品への対処は必要かつ緊急と答え、取り組みへの支持は高い。

 一方、関連業界からは不安の声も上がる。プラスチック製品の製造業者でつくる団体「プラスチック・ヨーロッパ」は声明で、新規制について「包括的な目標を支持する」としつつも、禁止措置という「近道」だけでは解決にならず、リサイクルに必要なインフラ整備にも取り組むよう求めた。

 ただ、EU側としては業界への配慮も課題となる一方で、世界のごみ対策をリードすることによる効果への期待も大きい。欧州委によると、規制対象とする製品の世界全体の輸出量ではアジア諸国が約6割を占めるのに対し、EUは約25%。EUで流通が禁じられる製品のほとんどはアジア・太平洋地域からの輸入品だ。

 人口約5億人の巨大市場のEUが新たな決まりを導入すれば、その影響力は大きい。一方、代替品の開発などで先手を打てれば、その分野でEU企業の競争力を高めることにもつながる。

 「今後数十年間、世界が必要とする製品を創り出して、EUが先導するチャンスだ」。欧州委のカタイネン副委員長はそうも強調している。