【料理と酒】梅の手仕事でスローライフを実践 自家製梅ジュース - 産経ニュース

【料理と酒】梅の手仕事でスローライフを実践 自家製梅ジュース

自家製梅ジュース
 青梅が出回っています。今回は料理の番外編として、さっぱりと美味しく飲める自家製の梅ジュースを紹介します。梅は三毒を断つともいわれ、水、食、血の毒をきれいにしてくれる効果があるとされています。豊富に含まれるクエン酸は抗菌作用に加え、疲労回復が見込め、血圧の上昇も抑えてくれるそうです。毎日飲んで、夏バテを防ぎましょう。
 作り方は簡単です。時間がかかりますが、それも楽しみのひとつ。梅の手仕事で、スローライフを実践しましょう。梅を一度冷凍させるレシピもありますが、少し香りが飛ぶ気がするので、私はそのまま漬け込みます。またリンゴ酢を入れることで早くエキスが出てきますし、腐敗を防ぐ役割も果たしてくれます。
 最後に発酵をとめ腐敗を防ぐために火を入れますが、私は1か月以内に飲みきってしまうので、この工程を省いてしまいます。すぐに飲むようであれば、必要ありません。火を入れない方が、風味はよくなります。水やソーダ水、ヨーグルトで割っても美味しくいただけます。ぜひお試しください。(速水裕樹)
材料
梅(南高梅)....1キロ
氷砂糖....1キロ
リンゴ酢....200cc
作り方
1.ガラスの保存容器に、60度ほどの湯を入れて容器を温める。一旦湯を捨て、さらに熱湯を入れ消毒する。しばらくしたら湯を捨て、そのまま放置して自然乾燥させる
2.竹串の先で、へたの部分をかき取る。傷んでいる実があったら取り除く
3.梅をボウルに入れ流水で洗い、ザルにあげる
4.キッチンペーパーで水分を丁寧に拭き取る
5.梅の4分の1を保存容器に入れ、次に氷砂糖の4分の1を上から入れる。さらに梅の4分の1程を入れ、氷砂糖を入れというように、交互に入れていく
6.最後にリンゴ酢を上からかけ入れて、蓋をする
7.水分があがってきたら、全体に液がまわるように上下をゆっくりとひっくり返す。毎日これを繰り返す。1週間ほどして梅全体が漬かるようになったら静置する
8.1か月ほどで梅の表面がシワシワになったら、梅を取り出す。シロップを鍋に移して、弱火にかけ60度になったら火を止め発酵を止める。シロップを保存瓶に入れて冷蔵庫で冷やす
9.グラスに50ccのシロップを入れ、3~4倍の冷水で薄めてジュースにし、氷を浮かべて完成
関連ニュース