【料理と酒】たっぷりの夏野菜で作る カポナータ - 産経ニュース

【料理と酒】たっぷりの夏野菜で作る カポナータ

たっぷりの夏野菜で作る カポナータ
 カポナータとはイタリア南部のシチリア島の郷土料理。ナス、ズッキーニ、セロリなど夏野菜をトマトとともに炒め煮にしたものです。南フランス、プロヴァンス地方のラタトゥイユと似ていますが、ハーブが香り塩コショウで味付けたラタトゥイユと比べると、カポナータは砂糖や白ワインビネガーが入るので、少し甘酸っぱい風味に仕上がります。
 暖かいままで食べても、冷やして食べても美味しくいただけます。バゲットに添えたり、パスタのソースとしても活用できます。
 合わせるのはやはりイタリアワイン。シチリア島はエトナ火山の影響もあり標高が高く意外と冷涼な地域もあり、さまざまな品種のブドウが栽培されワインが作られています。キリリと冷やした白やロゼワイン、また軽めの赤ワインと共にお楽しみください。(速水裕樹)
材料
トマト.....3個
ズッキーニ.....1本
ナス.....2本
万願寺唐辛子.....3本
タマネギ.....1個
セロリ.....1/3本
ニンニク.....3片
ケッパー.....20粒
オレガノ.....2本
オリーブオイル.....大さじ2
白ワインビネガー.....大さじ2
塩.....小さじ1/2
砂糖.....小さじ2
オリーブオイル.....大さじ2
塩.....少々
コショウ.....少々
バジルの葉.....4枚
作り方
1.鍋に、包丁で潰したニンニクを入れ、オリーブオイルを入れて炒める。ニンニクの香りがしてきたら、ざく切りにしたトマトを入れ、ケッパー、オレガノを加えて白ワインビネガー、塩、砂糖を入れて弱火で15分ほど煮込む
2.ズッキーニ、ナス、万願寺唐辛子、タマネギをざく切りにする
3.熱したフライパンにオリーブオイルをひいて、ナスを炒める。あまり動かさずしっかりと炒めたら、ナスを取り出す。さらにセロリ、タマネギ、ズッキーニ、万願寺唐辛子も加えて炒め、軽く塩、コショウを振り、焦げ目が付くほどになったら、火を止める
4.(1)の鍋に、(3)の野菜を入れて3分ほど煮込む。火を止めて、バジルの葉をちらして、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れる
5.しっかりと冷えたら皿に盛り付けてできあがり。バゲットを添えて食卓へ
オススメのお酒はこちら!
関連ニュース