【料理と酒】肝が絶品 ドンコの味噌仕立て - 産経ニュース

【料理と酒】肝が絶品 ドンコの味噌仕立て

肝が絶品 ドンコの味噌仕立て
 三陸地方で汁物として好まれるドンコ。西日本で言われる淡水魚のドンコとは違い、エゾイソアイナメという名前のタラの一種です。身離れがよく、ふんわりとした食感のあっさり上品な身ももちろん美味しいですが、肝が絶品。小ぶりですがアンコウの肝に似た濃厚な味が楽しめます。またほんのり甘く、上品なだしが取れるので、薄味の味噌仕立てにしたスープも楽しめます。うま味の豊かな吟醸酒とともに、いかがでしょうか。
(速水裕樹)




材料
ドンコ....4尾
酒....1カップ
水....1カップ
味噌....大さじ2
昆布....5センチ
野沢菜....1把
作り方
1.ドンコはウロコを取り包丁の背で梳くようにぬめりも落とす。腹を開いて、肝を取り出す。残ったはらわたと頭を取って水洗いする
2.鍋に水と昆布を入れて15分置く。ドンコと酒1カップを入れたら火をつける
3.沸騰してアルコールが飛んだら、肝を入れて、味噌を溶きながら加える。上から煮汁をかけるようにしながら5分ほど煮る
4.野沢菜を軽くゆがいて冷水に取り、きつく絞ってキッチンペーパーで水分を拭き取る
5.皿にドンコを盛り、野沢菜を添えてできあがり
オススメのお酒はこちら!
関連ニュース