【話の肖像画】野球解説者・佐々木信也(1)甲子園に寝泊まりして優勝 - 産経ニュース

【話の肖像画】野球解説者・佐々木信也(1)甲子園に寝泊まりして優勝

(飯田英男撮影)
 〈昭和51年4月からフジテレビが放映した「プロ野球ニュース」は、当日のセ・パ両リーグ全試合を、結果だけでなく解説付きで茶の間へ届ける、当時としては画期的な内容だった。その初代キャスターを務め、元プロ野球選手だったことを忘れさせるほどの磨き抜かれた話術とセンスで人気を博した〉
 野球との本格的な出合いは終戦翌年の21年、旧制の神奈川県立湘南中学(現湘南高)へ入学してから。この年の春に私の兄(道也さん)らが硬式野球部を作り、慶応大野球部のOBだった父(久男さん)が監督になって、私も入部しました。
 進学校なので、練習は午後4時から正味2時間程度。父の指導もそれほど厳しくなかった。ただ、父のつてで慶応から強打者の別当薫さん、投手の大島信雄さんといったそうそうたるメンバーがグラウンドへ指導に来てくれて、レベルの高い野球を教わったことはチームの強化につながったと思います。
 学制改革(六三三制)で私が新制の湘南高1年になった24年夏、チームは神奈川大会を勝ち進んだ。私は体は小さかったが肩が強く、足も速かったのでレフトのレギュラー。決勝では同じ1年生の大沢啓二(後の日本ハム監督)がエースの県立商工を破って甲子園初出場を決めた。大沢は野球はうまかったが、小生意気でしたね(笑)。
 〈まだ戦後間もない時代、甲子園出場校は宿舎や食料の確保に苦労。湘南高ナインも米を1人2升ずつ持参しての現地入りとなった〉
 初戦(2回戦)に勝つと、マネジャーが「宿舎を引っ越しだ」と言う。ついて行った先は何と甲子園球場。スタンド下の大広間に泊まることに。その日の全試合が終わると、選手みんなで外野の芝生へはだしで出て寝転んだ。食堂の献立もうまかったし、「いつまでもここにいたい」と思いました。
 準決勝で対戦した市立高松一高(香川)には、後に西鉄(現西武)で活躍する中西太がいた。とにかく打球がすごい。面構えも。2安打されたが、満塁で彼に回らなくて良かった。延長十回に、うちの6番・宝性一生さんのサヨナラ打で勝ちました。準々決勝の松本市立高(現長野県立松本美須々ケ丘高)戦では7番打者の私がサヨナラヒット。決勝の県立岐阜高戦は5-3で勝利したが、宝性さんが3度、私が2度ホームを踏んでおり、甲子園では下位打線の2人がラッキーボーイとなりました。
 湘南高の全国制覇は「無欲の勝利」とたたえられたが、ベストを尽くしているうちに神様が味方をしてくれたという感じかな。父は「まともにぶつかったら勝てそうにないチームが4校あった」と後に語っていた。それが全部決勝戦へ来るまでに負けてくれたのだから、ついていたともいえます。
 大学は父や、野球を教わった別当さんらのいた慶応一本に絞って受験勉強し、合格しました。(聞き手 三浦馨)
                  ◇
【プロフィル】佐々木信也
 ささき・しんや 昭和8年、東京都生まれ。24年に神奈川県立湘南高の1年生外野手として夏の甲子園大会で優勝。慶応大では内野手として活躍し、4年で主将に。31年にプロ野球パ・リーグの高橋ユニオンズへ入団。34年限りで大毎オリオンズを戦力外となり、26歳で野球解説者へ転身。51年からフジテレビで放映が始まった「プロ野球ニュース」の初代メインキャスターとして人気を博し、63年まで12年もの間務めた。