【囲碁】井山十段は山菜そば、村川八段は「名物」黒部ダムカレー 十段戦第3局 - 産経ニュース

【囲碁】井山十段は山菜そば、村川八段は「名物」黒部ダムカレー 十段戦第3局

囲碁タイトル戦「第56期十段戦五番勝負」第3局で、井山裕太十段が選んだ昼食、特製の山菜そば=12日、長野県大町市(飯田英男撮影)
囲碁タイトル戦「第56期十段戦五番勝負」第3局で、村川大介八段が選んだ昼食、地元名物のダムカレー=12日、長野県大町市(飯田英男撮影)
 長野県大町市のくろよんロイヤルホテルで12日午前から行われている井山裕太十段(28)=七冠=と村川大介八段(27)の産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「森ビル杯 第56期十段戦五番勝負」第3局は正午に昼食休憩に入った。
 井山十段は温かい「山菜そば」。ホテルの通常メニューにはなく、十段戦のためにホテルが特別に用意しているメニューから選んだ。「井山さんは3年連続で来ていただいており、毎年、山菜そばを選ばれます」と担当者。特別メニューには天ぷらそばもあるが、いつも山菜そばを選ぶという。
 山菜そばには、大町市内のそば店に打ってもらったそばを使用している。
 村川八段は「黒部ダムカレー」。これは通常メニューにもある、ホテル名物の人気料理だ。近くにある黒部ダムを模したカレーライスで、ご飯をダムの堰堤の形にしてルーを流し、遊覧船に見立てたヒレカツが乗っている。
 近年のダムブームもあり、「このカレー目当てでホテルに来る人もいる」(担当者)ほどの人気となっている。
 午後の対局は午後1時再開。