【十段戦】井山十段が3連覇、七冠を堅持《棋譜再現》 - 産経ニュース

【十段戦】井山十段が3連覇、七冠を堅持《棋譜再現》

碁石の打ち味を確かめる両対局者
検分に臨む両対局者
前夜祭で花束を受け取る両対局者
前夜祭で記念撮影に応じる両対局者
「大町で勝って良い思い出を作りたい」と井山裕太十段。
「そろそろ井山十段に勝ちたい」と語る村川大介八段。
碁盤を拭き清める村川大介八段
対局開始を待つ両対局者
初手を右上隅星に打ち下ろす村川大介八段
井山裕太十段の2手目は左上隅小目
黒番・村川大介八段側から見た昼食休憩時の盤面
昼食休憩時の対局室
対局再開後の両対局者
終局時の対局室
防衛に成功した井山裕太十段。「苦しいシリーズだった。運が良かった」
敗れた村川大介八段。「右辺の手の付け方を失敗した。三局の中で一番良いところまでいった」
 井山裕太十段に村川大介八段が挑む産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「森ビル杯 第56期十段戦五番勝負」の第3局が12日、長野県大町市の「くろよんロイヤルホテル」で打たれ、午後6時22分、234手で白番の井山十段が4目半勝ちした。この結果、対戦成績は井山十段の3勝となり3連覇を達成、七冠を堅持した。残り時間は白黒ともに1分(持ち時間各3時間)。

(Windows版のみ)手順のみ

(Windows版のみ)解説あり・坂井秀至八段(SANKEI-EGG ver8.20以降)

※初めてご利用の方は対局・観戦アプリ「SANKEI-EGG」をインストール(無料)してからご利用ください。