【話の肖像画】女流棋士第1号・蛸島彰子(4) 初の女性棋戦でタイトル獲得 - 産経ニュース

【話の肖像画】女流棋士第1号・蛸島彰子(4) 初の女性棋戦でタイトル獲得

 〈転機は昭和49年に「女流名人位戦(現女流名人戦)」が創設されたことだった〉
 その頃はアマチュアの女性強豪として関根紀代子さんが知られていました。連戦連勝でしたからね。「奨励会会員だった蛸島と関根のどちらが強いか。一度、対戦させてみたらどうか」と将棋界で盛り上がりました。一方、「まさかプロがアマチュアに負けるはずがない」という声も聞こえてきました。
 当時は将棋連盟の女性教室、アマ女流名人戦など女性の将棋愛好家が増え、「女流プロ制度」を創設したら、という話も出ていました。そんなとき、報知新聞社さんが「女流名人位戦」という女流棋戦をつくってくれました。ちょうどプロ野球が終了し、オフシーズンを迎えていたため、「今、やりましょう」ということになって。うれしかったです。
 〈正式に女流プロの制度が発足した〉
 49年、これまで私だけだった女流プロの世界で、新たに5人が女流棋士として認められました。私には女流三段が与えられました。アマチュア界最強とされた関根紀代子さんと、女流アマ名人戦で何回も優勝した多田佳子さんが女流二段。寺下紀子さん、村山幸子さん、山下カズ子さんの3人が女流初段と認定されたのです。当初は、私はブランクがありましたから少し不安でしたね。「奨励会にいたから勝てるだろう」と言われるのも負担で。負けたくないという気持ちがふつふつと湧いてきました。
 〈待望の女性棋戦の第1期が始まった〉
 新しい5人の女流棋士がトーナメント方式で戦い、勝ち抜いた女性棋士が私に三番勝負で挑戦する形式でした。関根さんとの戦いになると思っていましたが、挑戦者決定戦で負けてしまったんです。
 その日、関根さんは風邪をひいていて、厚めの服を着ていました。対局中、その服の袖で端の香車を駒台に落としてしまい、その香車を盤上に打ち、反則負けとなってしまったんです。関根さんも緊張していたんでしょうね。緊張すると、いろんなドラマが生まれますよ。それまでは「負けたらどうしよう」と思っていたんですが、「負けたら次に頑張ればいい」という気持ちになりました。
 〈三番勝負の相手は寺下さんになった〉
 49年11月、第1局が東京の将棋会館で行われました。持ち時間は各3時間。先手の私が勝ちました。第2局も勝ち、2連勝で初代女流名人位に就くことができました。長い棋士人生の中で一番印象に残っているのはこの第1期女流名人位戦ですね。女流名人位になることができ、自信が持てました。
 〈その後も防衛を重ね、3連覇。失冠した年に創設された女流王将戦でも初代女流王将となり、3連覇した〉
 女流名人位は第4期で挑戦者の山下さんに敗れ、失冠してしまいました。山下さんはいつも私のそばにいて、私の将棋をじーっと見ていました。私に勝つことに集中していたんでしょうね。後ろからひたひたと近づいてくるのを感じていました。私は当時、将棋界の仕事や子供たちの世話もしていましたから、山下さんほど将棋の勉強はしていませんでした。それが負けにつながったのかな。
 でも、タイトル戦を終え、まだまだ勝てる機会があるという気持ちを強く持ちました。それが後に、女流名人位で山下さんを破っての5年ぶりのタイトル奪還につながりました。(聞き手 田中夕介)