【話の肖像画】大阪大教授・関谷毅(3) ブラジルと転校で培った価値観 - 産経ニュース

【話の肖像画】大阪大教授・関谷毅(3) ブラジルと転校で培った価値観

4歳のころ、ブラジルの学校で(最前列、本人提供)
 〈医療やインフラ点検など多様な分野の専門家と交渉して最新技術を導入する高いコミュニケーション能力は少年時代に身につけた。幼少の頃の大半をブラジル・サンパウロ州で過ごしている。帰国後も父親の仕事の関係で、引っ越しが多かった〉
 ブラジル時代は、日本人学校ではなく現地の学校に通いました。物心ついた頃にはブラジルにいたので、異文化の中にいるという認識はありませんでした。家では日本、外ではブラジルという両方の文化が日常だったと記憶しています。大変だったのは、小学校入学前に日本に帰国したときです。
 ブラジルでは当時、授業中に勝手気ままに外で遊びに行っても怒られない雰囲気がありました。しかし、日本では全く違うため、非常に戸惑った記憶があります。先生たちが話す日本語も、ほとんど意味が分かりませんでした。
 世の中の全てが難しく複雑に感じられた時期で、自分は本当に大きくなれるのかという不安に襲われました。しかし、世界にはたくさんの国があり、自分は地球の裏側のブラジルで過ごしてきたこと、日本とは国や文化の違いがあることを、頭ではなく心で理解できたと思います。
 また、たくさん転校をしてきたので、どこに行っても新しい友達を作るためにその土地を知り、価値観や文化の違いを気にすることが多かったですね。
 ここに私の研究者としての原点があるように思います。研究という世界はそれぞれの個性がはっきりしている分、専門分野が異なるだけで別世界で、「まるで異国のようだ」と言われることがあります。同じ言語を使っていても、研究室が変わるだけでカルチャーショックを受けることも多いです。そういう意味で、畑が違う分野同士のコラボレーションはハードルが高いともされています。
 しかし私は、別の分野の方と話し合い、彼らの価値観を受け入れるのは全く苦ではありません。小さい頃から当然のことのように異文化があり、それを楽観的に受け止められる訓練ができたのは良かったと感じています。
 〈自身の研究と異文化を融合させる取り組みは、農業の分野でも進んでいる。自身が開発した人工知能(AI)を搭載したセンサーをビニールハウスに設置し、作物の育成状況などをリアルタイムで監視する技術開発も検討している〉
 センサーをさまざまな分野で活用したいとの思いから、農業の方たちの話もうかがい、開発を進めていました。農家の人手不足は深刻で、AIやモノのインターネット(IoT)の技術で作業が効率化できると思ったのがきっかけです。
 ただ、こういった技術の導入に必要不可欠なのは、本当に現場が喜ぶ結果になるかどうか考えることだと思います。
 日本の農業はコストをかけないことが重要です。いかに便利な最先端技術でも費用がかかってしまうと、活用は非常に難しくなります。費用対効果の面で、私の技術は現段階では採用が難しい状況です。
 技術を最終的に活用するには、それぞれの文化や価値観、優先順位があります。それらを柔軟に受け入れて、対応することは研究者として背負わなければならない宿命だと思いますね。(聞き手 板東和正)