大阪大教授・関谷毅(2) 科学者というより営業マン

話の肖像画
大阪大学の関谷毅教授 (川口良介撮影)

 〈テクノロジーの応用は、脳波測定の分野にとどまらない。人工知能(AI)技術などを活用し、妊婦の子宮の収縮状態や胎児の心電図のデータを遠隔で診断できるシステムも開発している〉

 約2年前、私たちの脳波測定の技術が完成してからしばらくたった頃のことです。額に小型センサーを貼り付けて脳波が測れるのなら、妊婦のおなかに装着して胎児の心電図などのデータが取得できるのでは、という声が在籍する大阪大で上がり、産婦人科医と協力することになりました。一つの技術が別の医療現場でも使える可能性が出てくるのは、開発者としてこの上なく幸せなことです。

 私は産婦人科のエキスパートではありません。自分の技術をどのように役立たせることができるか、産婦人科の先生方と日夜話し合い、少しずつ答えが見えてきました。

 産婦人科では通常、妊婦の方が来院時に専用機器をおなかに取り付けるなどして胎児や子宮の状態を確認しています。遠方からの通院は負担が大きく、特に過疎地域では胎児の状態を日常的に見守ることはほぼ不可能です。私たちが開発した小型センサーは、胎児の心臓の拍動や、子宮を形成する筋肉の微妙な変化を測定する部品を搭載しており、複数のデータをAIが仕分けできます。通院しなくても胎児の見守り診療が可能になります。

 今回、産婦人科医と長い時間をかけて話し合うことで、遠方の妊婦のサポートに悩む現場のプレッシャーや、診断する側の人材不足の課題などを知ることができました。こうした話し合いも、遠隔診断システムの技術開発に役立ったと思います。

 〈テクノロジーを多様な分野で適切に活用するためには、専門の異なるエキスパートとの対話が必要不可欠だ〉

 技術がどれだけ素晴らしくても、現場で役に立たなければ何の意味もありません。対話の中で「何が現場で求められているのか」「何が課題となっているのか」を知ることが重要だと考えています。

 私は、その点、科学者というより営業マンなのかもしれません。相手の話をじっくり聞き、自分の技術(商品)を提案する。技術をどのように応用するかは、それぞれの現場に合わせて柔軟に変えていく主義です。時には、現場の方々と何時間もミーティングをすることもあります。

 研究者は研究室に閉じ籠もっているイメージがありますが、私は逆ですね。専門の電子工学とは全く無縁とされる方々の元に足を運んで、どのようなコラボレーションができるか日々、考えています。

 〈地道な努力の結果、平成27年からは開発した小型センサーを建造物などインフラ点検の分野に活用する研究も開始した〉

 少子高齢化が進む中、産婦人科と同様、インフラ点検の現場も人材難に苦しんでいます。高度経済成長期に整備されたインフラは老朽化が深刻で、専門業者が現場で計測機を使用したり、目視で確認したりして、傾きやひび割れなどの有無を調べる必要があります。しかし、現場の方々と話すと全く人手が足らず、今のままでは作業が間に合わないことが分かりました。ここに技術を生かしたい。

 今後も、科学技術を提供できる「交渉のプロ」として社会的にニーズが高い現場をサポートしていきたいですね。(聞き手 板東和正)