天皇陛下の昨年のメッセージ(要旨)

天皇陛下譲位
象徴としての務めについての「お気持ち」を、ビデオメッセージで表明された天皇陛下 (宮内庁提供)

 天皇陛下は平成28年8月8日、国民に向けたビデオメッセージで譲位の意向を示され、譲位に向けた議論が進む契機となった。要旨は以下の通り。

 天皇が高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、立場上、現行の皇室制度に触れることは控えながら、私が個人としてこれまでに考えてきたことを話したい。

 次第に進む体の衰えを考慮すると、これまでのように全身全霊で象徴の務めを果たすことが難しくなるのではないかと案じている。

 天皇の務めとして国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えてきたが、人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えてきた。

 国事行為や象徴としての行為を限りなく縮小していくことには無理があろう。摂政を置くことも考えられる。しかし、この場合も求められる務めを果たせぬまま生涯の終わりまで天皇であることに変わりはない。

 天皇が健康を損ない、深刻な状態に至った場合、社会が停滞し、国民の暮らしにも影響が及ぶことが懸念される。天皇の終焉(しゅうえん)に当たっては、さまざまな行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行し、行事に関わる人々、残される家族は、厳しい状況に置かれる。こうした事態を避けることはできないものかとの思いが、胸に去来することもある。

 象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことを念じる。