産経ニュース有償コンテンツ利用規約

第1条(規約の適用)
1.株式会社産業経済新聞社ならびに産経デジタル(以下「運営者」とします)は、「産経ニュース」内での有償サービス(以下、「本サービス」とします)を提供します。
なお、お寄せいただいた内容に対する回答は差し上げられない場合がございます。
2.「産経ニュース」サイトやモバイル端末向けアプリ上での掲載、会員への電子メール、書面その他、当社が適当と判断する方法により、当社が提示するこの規約以外の諸規定も、本規約の一部を構成するものとします。この規約本文の定めと諸規定の定めが異なる場合は、諸規定の定めを優先して適用するものとします。
3.本規約において、「ユーザー」とは有償、無償を問わない「産経ニュース」サービスの利用者、「会員」とは本規約等に基づく登録と支払いなどを行った本サービスの利用者をそれぞれ指します。
第2条(規約の変更)
運営者は、必要に応じて本規約を変更します。この場合、運営者が適当と判断する方法で会員に通知した時に変更の効力が発生するものとします。この場合には、料金その他の提供条件は変更後の規約によります。
第3条(料金)
1.本サービスでは、本サービス内での有料コンテンツごとに定められた金額を、運営者が指定する方法で支払うことでそれぞれの有料コンテンツを利用することができます。
2.運営者は、全ユーザー、あるいは特定の時期やユーザーなどを対象に、有料コンテンツ代金の減免などのキャンペーンを行うことがあります。この場合、運営者が適切と判断した方法によって告知します。
第4条(料金の支払い対象)
1.会員は、第3条に基づいて有償コンテンツの代金を支払うことにより、本サービスの提供を受ける権利を得るものとします。
2.有料コンテンツは、会員が利用する端末(パソコン、スマートフォン、タブレットなど)にかかわらず、共通で利用できます。
第5条(ポイント代金の回収代行の承諾)
1.会員は、本サービスを利用する際に、GMO ペイメントゲートウェイ株式会社、米Apple Inc.、米Google Inc.(以下、「回収代行業者」といいます)のいずれかの回収代行サービスを利用することを承諾するものとします。
2.会員がGMOペイメントゲートウェイ株式会社の回収代行サービスによるクレジットカードによる支払いを利用する場合は、代金をGMO ペイメントゲートウェイ株式会社が提携するクレジットカード会社に係る料金と合わせて、各クレジットカード会社の請求書により回収することを承諾するものとします。
3.前項の場合、会員は、その情報料の請求に関し、運営者及びGMO ペイメントゲートウェイ株式会社に対し一切の異議を申し出ないものとします。
4.会員がAppStoreを通じた米Apple Inc.による回収代行サービス、またはGoogle Playを通じた米Google Inc.による回収代行サービスを利用する場合、会員は自らが承諾した両回収代行サービスの利用規約等に従うものとします。
第6条(代金の支払義務)
1.GMO ペイメントゲートウェイ株式会社で支払いを行った場合、実際の会員がクレジットカード番号の所有者本人でない場合であっても、運営者は、当該本人が利用したものとみなします。
2.Apple Inc.またはGoogle Inc.を通じた支払いを行った場合は、会員は自らが承諾した両社との利用規約等に応じた支払い義務を負うものとします。
第7条(代金の計算及び支払い)
1.会員はGMO ペイメントゲートウェイ株式会社を通じて有償コンテンツを購入する場合、GMO ペイメントゲートウェイ株式会社が定める期日・方法に従い代金をお支払いいただきます。 この場合、代金はその利用に係るGMO ペイメントゲートウェイ株式会社の適用する請求に従っていただきます。
2.前項の規定によるほか、代金等の計算及び支払については、GMO ペイメントゲートウェイ株式会社の利用規約の規定に準ずるものとします。
3.会員がApple Inc.またはGoogle Inc.を通じて有償コンテンツを購入する場合、会員は自らが承諾した両社との利用規約等に応じた方法で代金を支払うものとします。
第8条(回収できない代金の扱い)
1.会員は、GMO ペイメントゲートウェイ株式会社が本サービスの利用に係る情報料について通常の回収をなしたにもかかわらず会員からその情報料の回収ができなかった場合、GMO ペイメントゲートウェイ株式会社が当社に対し会員の名前、住所、情報料の額、利用日時等の会員情報等を通知することについて承諾していただきます。
2.会員がApple Inc.またはGoogle Inc.を通じて有償コンテンツを購入した場合、会員は自らが承諾した両社との利用規約等に応じて回収できなかった場合の扱いを運営者が取ることを認めるものとします。
第9条(会員が行う本サービスの退会)
本サービスの会員は、本サービスを解約するときには、別途定める本サービスの退会処理を通して退会の申し出をするものとします。退会申し出が行われても、その時点で残存している有償コンテンツの閲覧可能期間は有効です。
第10条(利用資格の剥奪)
利用者が本利用規約に違反する等の行為をした場合、運営者は利用者に無断で、その会員の利用資格を剥奪することがあります。この場合、残っていたポイントは資格剥奪の時点で無効になります。
第11条(サービスの一時的中断)
運営者は次のいずれかの事態が生じた場合には、会員に事前に通知することなく一時的に本サービスを中断することがあります。この場合、運営者の重過失に起因するものを除き、運営者は会員に対して一切の責任を負わないものとします。
(1)本サービス設備の保守を緊急に行う場合
(2)火災・停電等により本サービスの提供が出来なくなった場合
(3)地震・噴火・洪水等の天災により本サービスの提供が出来なくなった場合
(4)戦争・動乱・暴動などにより本サービスの提供が出来なくなった場合
(5)その他、運用上または技術上、当社が本サービスの一時的中断が必要と判断した場合
第12条(個人情報の取り扱い)
本サービス利用に際して会員が提供した個人情報に関しては、運営者が管理します。運営者は、必要に応じてこれらの情報の一部または全部の管理を、回収代行業者等に委託することがあります。
第13条(責任の制限)
会員は、運営者との間の有料情報に関する紛争等があった場合、会員はその紛争の解決を当社との間で行うものとし、回収代行業者は一切の責任を負わないものとします。また本サービスで提供するコンテンツに関する問い合わせ・紛争についても同様とします。
第14条(準拠法及び管轄)
この規約の成立・効力・履行及び解釈については日本法が適用されるものとします。また、当社と会員との間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。

以上

適用日 平成30年11月1日