PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

ポルシェ タイカン ターボの登場とはなにか--2021年、クルマのゲームチェンジャー

 時代は大きく動いた。それに呼応するかのごとく、今後のクルマの流れを変える新種のモデルが登場している。

0-100km/h加速は3.2秒とスーパースポーツと同等。最高性能版のターボSは2.8秒とさらに強烈。最高速度は260km/h。
0-100km/h加速は3.2秒とスーパースポーツと同等。最高性能版のターボSは2.8秒とさらに強烈。最高速度は260km/h。
その他の写真を見る(1/4枚)

「Porsche Taycan Turbo」

まったく別物!10年先のような走り心地

 なんだこの加速は!? 前方のブラックホールに吸い込まれるのと同時に、後ろから巨人に蹴飛ばされる感覚は、われわれが知っているクルマの加速じゃない。

 試乗したタイカン・ターボは最高出力680psの高性能版だけど、もちろんBEVにターボはつかない。ポルシェは、高性能の記号としてターボを用いているのだ。このクルマに乗っていると、「BEVはエコカー」という常識が音を立てて崩れる。ポルシェが考えるBEVは、電光石火のレスポンスで空間を切り裂く、究極のスポーツカーなのだ。

 タイカン・ターボはまた、「BEVは静か」という常識をも覆す。ポルシェ・エレクトリック・スポーツサウンドをオンにすれば、アクセルペダルの踏み加減に応じて電子音が響く。これはギミックではなく、ドライビングにおいては音が大事な情報となっているという、ポルシェの研究結果によるものだ。「曲がる」と「止まる」も思いのまま。じぶんとクルマの境目が曖昧になり、マシンと一体化したように感じるポルシェ独特の感覚がタイカンでも味わえる。

 そういえば、1900年にフェルディナント・ポルシェ博士がウィーンの帝室馬車工房ヤーコプ・ローナー社で最初に設計したのはBEVで、その理由はモーターの方が効率的だからだったという。バッテリーの性能が博士の理想に追いついた現代のBEVこそ、ポルシェの完成型なのかもしれない。

フル充電での航続距離は、450km(WLTCモード)。急速充電器で80%まで充電するのに要する時間は93分。
フル充電での航続距離は、450km(WLTCモード)。急速充電器で80%まで充電するのに要する時間は93分。
その他の写真を見る(2/4枚)
助手席にもインフォテインメントの液晶画面が備わり、ドライバーだけでなく
助手席にもインフォテインメントの液晶画面が備わり、ドライバーだけでなく"みんなで楽しむポルシェ"をアピール。
その他の写真を見る(3/4枚)
可変式リアスポイラーで空気の流れをコントロールする。
可変式リアスポイラーで空気の流れをコントロールする。
その他の写真を見る(4/4枚)

Porsche Taycan TurbO

 サイズ的にはポルシェの旗艦サルーン、パナメーラよりほんのわずかにコンパクト。通常のEVが400Vの電圧システムを用いるのに対し、タイカンは世界初の800Vで、ポルシェがいかに性能を重視しているかがわかる。

SPEC

 全長×全幅×全高:4963×1966×1381mm

 車両重量:2305kg モーター最高出力:680ps

 最大トルク:850Nm 乗車定員:4名

 価格:\20,231,000~

 Photos 島津 明 Akira Shimazu@W

 Words サトータケシ Takeshi Sato

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ