PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

ホンダ・オデッセイは、どうしてフルモデルチェンジしなかったのか?

11月5日にホンダが発表した新型「オデッセイ」が、7年後のビッグマイナーモデルチェンジにとどまったのはどうしてなのか。今尾直樹がよしなしごとをそこはかとなく書く。

その他の写真を見る(1/13枚)

ライバル不在のオデッセイ

 ホンダがこの秋の登場を予告していた新型オデッセイを11月5日に正式発表し、翌6日金曜日から発売する。以下は、都内某所でホンダが開いた事前説明会からの報告です。

 新型は2013年10月発表の現行5代目オデッセイのマイナーモデルチェンジ(MMC)版ながら、7年目のデザインの「鮮度アップ」ということで、フロント・マスクはドンッと迫力が増し、威風堂々、大きく立派になった。

その他の写真を見る(2/13枚)

 「あ、どこが変わったの?」というレベルではなく、新しくなったとすぐにわかってもらえるデザインを心がけた成果だ。3年前の1回目のMMCの際、「変わっていない」という営業マンから上がった声に対する回答でもある。

 具体的には、フロントのフードの高さを70mm上げ、ワイド&シャープなメッキのグリルを貼り付けている。ウィンカーは内側から外側に光が流れるタイプを採用して、モダンさと華やかさをプラス。フードとライト、バンパー、それにフロント両サイドのフェンダーを新調している。

 スクウェアになったフロントに合わせて、リアも水平基調にし、テールライトをフルLED化し、フロント同様、流れるウィンカーを装着している。

【主要諸元(ABSOLUTEサイドリフトアップシート車)】全長×全幅×全高:4855mm×1820mm×1695mm、ホイールベース:2900mm、車両重量:1830kg、乗車定員:7名、エンジン:2356cc直列4気筒DOHCガソリン(175ps/6200rpm、225Nm/4000rpm)、トランスミッション:CVT、駆動方式:2WD、タイヤサイズ:215/60R17、価格:363万4000円(OP含まず)。
【主要諸元(ABSOLUTEサイドリフトアップシート車)】全長×全幅×全高:4855mm×1820mm×1695mm、ホイールベース:2900mm、車両重量:1830kg、乗車定員:7名、エンジン:2356cc直列4気筒DOHCガソリン(175ps/6200rpm、225Nm/4000rpm)、トランスミッション:CVT、駆動方式:2WD、タイヤサイズ:215/60R17、価格:363万4000円(OP含まず)。
その他の写真を見る(3/13枚)

 これらのリデザインはしかし、ミニバン界のスーパースター、9月に1万436台を販売し、前年比160%! ブランド通称名別順位でトヨタの「ヤリス」、「カローラ」、「ライズ」に次いで第4位、ミニバンに限ってはホンダ「フリード」、トヨタ「ボクシー」、日産「セレナ」を差し置き、ダントツの第1位というトヨタ「アルファード」に対抗したわけではない。

 アルファードは、ホンダの分類だとラージ・ミニバンでひとつ上のクラス、ボクシー、セレナはミドル級でひとつ下。オデッセイは両者の中間のアッパーミドルで、トヨタ「エスティマ」なきいま、ライバル不在であると考えている。

最小回転半径は5.4m。
最小回転半径は5.4m。
その他の写真を見る(4/13枚)

内外装の変更ポイント

 では、なにゆえのデカ顔、もしくはドヤ顔、明らかに空力悪化顔なのかといえば、カギは中国にあるといえそうだ。かの国では、東風汽車との合弁の東風ホンダが「エリシオン」という、オデッセイのグリルの面積だけ増やした上級モデルをつくっている。新型オデッセイの新しい顔は、このエリシオン似に仕立て直したもので、これにより広州汽車との合弁の広汽ホンダのオデッセイを、エリシオンの「弟分」から「双子分」に引き上げたのである。中国人は体面を重んじるので(日本人も重んじるひとはそうですね)、広汽ホンダにとってはよいニュースであるにちがいない。

灯火類はLED。前後デザインは変更された。
灯火類はLED。前後デザインは変更された。
その他の写真を見る(5/13枚)

 インテリアでは、インストゥルメント・パネルを一新。目線が集中するポイントを変えることで、「変わった感」を出そうとした。シフター、エアコンのパネルの位置は同じながら、手が触れる部分にソフトパッドを使って上質さの演出を試みている。

 ドライバーの眼前のメーターのTFT(液晶ディスプレイ)は3.5インチから7インチに拡大。センターコンソールの、主にナビゲーション用のTFTはオプションながら、7インチから10インチに大型化している。

 インパネまわりの収納能力が足りない。カップホルダーの位置が使いにくい。というオーナーの声に応えて、助手席の前側に小物入れを、運転席から手に届きやすい位置にカップホルダーを、新たに設けた。

 新型はダッシュボードが水平基調でシンプルな形状となり、どっちかというと重厚な雰囲気だったMMC前に較べて、開放感とすっきり感を醸し出している。シートに大きな変更がないのは、不満がなかったからだろう。これは5代目オデッセイのよいところ。よいところは残し、よからぬところがあれば直す、という選択と集中が心がけられている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ