PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

オンロードでも快適だ! 新型ランドローバー・ディフェンダー試乗記

その他の写真を見る(1/8枚)

 ランドローバーの新型「ディフェンダー」を塩見智が、一足先に試乗した。印象はいかに?

引き継がれた初代のデザイン

 ランドローバー・ディフェンダーが、70年の歴史で初めてフルモデルチェンジした。2019年秋のアンベールからずいぶん待ち遠しい時間を過ごしたが、ようやくステアリング・ホイールを握る日がきた。

試乗車のボディカラー「バンゲアグリーン(メタリック)」は9万5000円のオプション。
試乗車のボディカラー「バンゲアグリーン(メタリック)」は9万5000円のオプション。
その他の写真を見る(2/8枚)

 2016年にオリジナルモデルが生産中止となった直後から、「新型はこうなる」、「いやああなる」といった噂が世界中のファンのあいだで飛び交った。で、昨秋のフランクフルト・ショーで発表された新型は、刷新というべき変わりようだった。

 スタイリングは時代をワープしたかのように一気に現代的に。直線と平坦な面のみで成立した四角四面のデザインから、直線基調を維持しつつところどころ丸みを帯びたデザインになった。

 とはいえ丸目2灯ヘッドランプ、水平のショルダーライン、垂直のリアエンド、そしてルーフ後端の左右に設置されたアルパインウインドウなど、いくつもの“お約束モチーフ”が引き継がれたため、ひと目でディフェンダーの新型であるとわかる。そっくりおなじようにはしないものの、ところどころそのクルマならではの要素を盛り込むのは、ミニを復活させるときにBMWが使った手法だ。

【主要諸元(110)】全長×全幅×全高:4945×1995×1970mm、ホイールベース3020mm、車両重量2280kg、乗車定員7名、エンジン1995cc直列4気筒DOHCターボ(300ps/5500rpm、400Nm/1500~4000rpm)、トランスミッション8AT、駆動方式4WD、価格589万円。
【主要諸元(110)】全長×全幅×全高:4945×1995×1970mm、ホイールベース3020mm、車両重量2280kg、乗車定員7名、エンジン1995cc直列4気筒DOHCターボ(300ps/5500rpm、400Nm/1500~4000rpm)、トランスミッション8AT、駆動方式4WD、価格589万円。
その他の写真を見る(3/8枚)

日本仕様は2.0リッター・ガソリンのみ

 今回試乗したのは、ロングホイールベースの110。ベースグレードに「アドベンチャーパック」というオプションパッケージが装着された車両だった。ボディカラーはこれまたオリジナルを想起させるパンゲアグリーン。

 日本仕様のパワートレーンは2.0リッター直列4気筒ガソリンターボと8速ATの1種類のみ。今後、どこかのタイミングでよりパワフルな6気筒モデルも追加されるはず。それが海外ではすでに販売されているガソリンか新開発のディーゼルかはまだはっきりとしない。

試乗車の19インチアルミホイールは、20万5000円のオプション。
試乗車の19インチアルミホイールは、20万5000円のオプション。
その他の写真を見る(4/8枚)

 インテリアの快適性や使い勝手は大幅に向上した。インストルメンタルパネルもモダンだ。10インチの横長モニターをタッチすることによって、ほとんどの操作をおこなえるようになった。

 試乗したベースモデルのシート表皮はファブリック。色もデザインも地味でそっけないが、仕立ては悪くない。水弾きもよさそうで、掛け心地も良好。そして、オリジナルほどではないものの、悪路走行時に身を乗り出して車両周辺を直接目視しやすいよう運転席と助手席がそれぞれドア寄りに配置されている。そのためカップルディスタンスが大きくとられ、そこには大きなコンソールボックスが設置される(ボックスなしも選べる)。ちなみに本国では、フロント3人がけ仕様もある。

 ギアセレクターはインパネから生えている。オリジナルのように副変速機でローを選ぶためのレバーはもはや存在せず、スイッチひとつでローに切り替わる仕組みだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ