PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

ホットハッチの鑑だ! ゴルフR試乗記

その他の写真を見る(1/4枚)

最高出力310ps

 “ホットハッチ”とは、運転が楽しめる高性能ハッチバックのこと。昨今はドイツやフランス、さらに日本でも、このカテゴリーがにぎやかだ。なかでも、フォルクスワーゲン「ゴルフR」は、「GTI」から続く長い歴史を有するホットハッチだ。

 ゴルフRは、1994cc直列4気筒ガソリンターボ・エンジンを搭載し、228kW(310ps)の最高出力と、400Nmの最大トルクでもって、4輪を駆動する。ノーマルの1.4リッター「TSIハイライン」は103kW(140ps)だし、GTIも169kW(230ps)なので、いかにパワフルかがわかるはず。

 ゴルフはモデル末期を迎えたが(すでに本国では8代目が発表された)最後まで改良をくわえていく欧州メーカーの常として、熟成が進んでいる。

 スタンダードモデルでも、ステアリング・フィールが繊細になって、かつ全体に剛性感が増し、ようするに走らせての楽しさが増している。ゴルフRもおなじだ。

 いちばんいいのは、むやみやたらとトンガっていないところだろう。400Nmの最大トルクは2000rpmから発生するからダッシュは鋭い。ドライブモードで「スポーツ」を選ぶと、エンジン回転を上のほうまでひっぱるので、3000rpmから少し上の、トルクがもっとも厚い回転域での走行を十分に楽しめる。

 コーナリングの安定性は高い。カーブにとびこむと、ボディは、まずフロントがぐっと沈む。安定した姿勢を作ってから、後輪が強いプッシュでボディを押しだす。そのためステアリング・ホイールを握っているドライバーに不安はない。車両に振り回される不安とは無縁だ。

 ホットハッチのなかには、ボディのロールを抑え、ゴーカートのようなコーナリングを楽しませようとするモデルもある。しかしゴルフRは、弾けるようなスポーツ・コーナリングから”卒業”したとも言うべき、“オトナ向け”というかんじだ。

“刺激”より“安定性”重視!

 サスペンション・システムに組み込まれたスプリングは硬めだ。が、おもしろいことに、フォルクスワーゲンのSUV「T-CROSS」と乗り比べた同乗者によれば、「ゴルフRのほうが乗り心地は快適」というものだった。

 路面からボディへの入力を一発で止めるダンピングの設定がうまいのだろう。最初こそ”足”が硬いかなぁ? と、思っても、すぐに慣れる。慣れるどころか、落ち着いたボディの動きゆえ、ドライブしていくうち、クルマへの信頼感が増すのである。

【主要諸元】全長×全幅×全高:4275×1800×1655mm、ホイールベース2635mm、車両重量1510kg、乗車定員5名、エンジン1984cc直列4気筒ガソリンターボ(310ps/5500~6500rpm、400Nm/2000~5400rpm)、7AT、駆動方式4WD、タイヤサイズ225/40R18、価格590万9000円(OP含まず)。
【主要諸元】全長×全幅×全高:4275×1800×1655mm、ホイールベース2635mm、車両重量1510kg、乗車定員5名、エンジン1984cc直列4気筒ガソリンターボ(310ps/5500~6500rpm、400Nm/2000~5400rpm)、7AT、駆動方式4WD、タイヤサイズ225/40R18、価格590万9000円(OP含まず)。
その他の写真を見る(2/4枚)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ