PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

空冷ポルシェ911はなぜ暴騰しているのか?

ポルシェ 911
ポルシェ 911
その他の写真を見る(1/9枚)

 空冷エンジンを搭載するポルシェが、近年、中古車市場で暴騰している。とくに911のタイプ930や964は好例である。では、なぜ暴騰しているのか?

2億円超で取引されるモデルも!

 ここ1~2年は沈静化したものの、2015~2017年頃の国際クラシックカー市場は、まさしく“暴騰”というべき市況だった。

デビュー直後の911「Oシリーズ」。
デビュー直後の911「Oシリーズ」。
その他の写真を見る(2/9枚)

 象徴的だったのは、レーシングモデルを頂点に、日本円にして億単位の取引が当たり前になってしまったフェラーリ。あるいは、それまでモデルによっては300~400万円でも充分に購入可能だったはずの空冷ポルシェ「911」が、あっという間に1000万円オーバー級にランクアップしてしまった点だろう。

 今回、かつて比較的身近なクラシック・スポーツカーであったはずの空冷ポルシェが、“高嶺の花”になってしまった理由について、筆者なりに考察したい。

「タイプ930」(1978~1989年)。
「タイプ930」(1978~1989年)。
その他の写真を見る(3/9枚)

 ひとことで“空冷の911”と言っても、1963年から1996年まで実に33年間も生産されたので、歴代モデルは多岐に亘る。

 まずは、もともとは「901」の車名とともに1963年にデビューした「Oシリーズ」から、1977年モデルの2.7リッター水平対向6気筒エンジン搭載の「Lシリーズ」に至る、いわゆる「ナロー」。次に、前後の大型バンパーを終盤のナローから受け継ぎ、排気量を3.0リッター/3.2リッターに拡大した「タイプ930」(1978~1989年)。さらに、エンジンを3.6リッターまで拡大し、エクステリアも格段にモダナイズされた「タイプ964」(1989~1993年)。そしてサスペンションやディメンションにも大幅に手がくわえられた、空冷エンジン搭載最終モデルの「タイプ993」(1994~1997年)に至るまで、4世代にわたって生産された。

「タイプ964」(1989~1993年)。911初のオートマチック(ティプトロニック)や4WD(カレラ4)を設定した。
「タイプ964」(1989~1993年)。911初のオートマチック(ティプトロニック)や4WD(カレラ4)を設定した。
その他の写真を見る(4/9枚)

 いずれのモデルも、2010年代中盤のクラシック カーおよびヤングタイマー クラシックの国際マーケットにおいて、高騰したのだ。

 とくにナロー世代の人気は凄まじいもので、一時はロードカー仕様の「ツーリング」でも1億円を越えた。レースのホモロゲーション用に少数が製作されたライトウェイト仕様の「カレラRS2.7」(1973年)にいたっては、その2倍、2億円超の価格で取引されていた。

「タイプ993」(1994~1997年)。
「タイプ993」(1994~1997年)。
その他の写真を見る(5/9枚)

 タイプ930は、通常の「911SC」や「911カレラ」であっても1000万円前後で流通する事例が多い。

 一方、空冷911でも比較的リーズナブルと言われたタイプ964は、やや人気の低かった4速AT「ティプトロニック」仕様や、この世代で初設定された4WDの「カレラ4」でも500~700万円。「カレラ2」のマニュアル仕様ならば800万円を超え、さらにハードコア版の「カレラ2RS」や「スピードスター」は、最盛期、5000万円前後の正札も見られた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ