PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

ポルシェにおける「GTS」グレードとは?

PORSCHE Panamera GTS Sport Turismo|ポルシェ パナメーラ GTS スポーツツーリスモ
PORSCHE Panamera GTS Sport Turismo|ポルシェ パナメーラ GTS スポーツツーリスモ
その他の写真を見る(1/11枚)

 スポーツカーであり実用車、このふたつの配合を上手く変えたモデル&グレードを展開するポルシェ。そのバランスが絶妙なグレードこそがGTSである。今回のパナメーラスポーツツーリスモで、その“ニクい”グレードの妙味を知って頂ければ、他モデルでの相対的位置づけまでご理解頂けるのではないだろうか。

360ps/620Nmを発生する4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する。
360ps/620Nmを発生する4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する。
その他の写真を見る(2/11枚)

バランスが絶妙なスポーツサルーン

 ニクい。何が? ポルシェが展開する「GTS」という名のグレードだ。どこが?実用と性能のバランスの取り方が絶妙なところだ。

エクステリアはブラックのパーツを多数装着することでスポーティさを高めている。
エクステリアはブラックのパーツを多数装着することでスポーティさを高めている。
その他の写真を見る(3/11枚)

 ポルシェといえばスポーツカーであり実用車だ。この相反するふたつの特徴を上手に配合することにかけて、ポルシェ以上のカーブランドはほかにない。で、今の時代の多様なニーズに応えるべく、それらの配合を様々に変えたモデルとグレードを沢山用意することで顧客の信頼を勝ち得ている。ポルシェが強い根本的な理由である。

 とはいえ例えばRRの911シリーズではカレラに始まり、カレラSときてGT3となる。4WDモデルならカレラ4、カレラ4S、ターボだ。フツウならS系を買っておけば十分にハッピーである(いやもちろんベースでもかなりハッピーだが)。

他グレード同様にポルシェアドバンスコックピットを採用する。あらかじめ選択した項目がフルカラーで表示される、ヘッドアップディスプレイもモデル初採用となった。
他グレード同様にポルシェアドバンスコックピットを採用する。あらかじめ選択した項目がフルカラーで表示される、ヘッドアップディスプレイもモデル初採用となった。
その他の写真を見る(4/11枚)

 けれども人間誰しも欲がある。ベテランともなれば尚さらだ。たとえば筆者のようにポルシェ以外のスーパーカーばかり乗り継いで来て、じゃあ今この瞬間に911を選べと言われると、どうしてもGT3やターボじゃないと我慢できない気がする(ちなみに人生最後は素のカレラがいいと思っている)。一方で、ポルシェらしく日々の実用性(=気軽さとか気の使わなさとか)を考えた場合に、GT3やターボではトゥマッチな気もする。要するにSじゃモノ足りない=みんな乗っているし、かといってGT3じゃいろんなものを背負い込み過ぎ=なんだか常に速く走らなきゃいけない。

 ちょうどいい911はないの?

 GTSがある、というわけだ。

PORSCHE Panamera GTS Sport Turismo|ポルシェ パナメーラ GTS スポーツツーリスモ
PORSCHE Panamera GTS Sport Turismo|ポルシェ パナメーラ GTS スポーツツーリスモ
その他の写真を見る(5/11枚)

 ポルシェの凄いところは、そんなGTSシリーズをスポーツタイプだけじゃなくSUVやサルーンにも設定していること。要するにポルシェのラインナップモデルはすべて911と同じようなグレードヒエラルキーをもたされていて、それらのノーマルとターボとの間には実にはっきりとした“段差”があると言っていい。フツウのクルマ好きならノーマルの最上級(S)で十分だろうし、大金持ちの性能こだわり派はターボやGT3(やさらにその上)を迷うことなく買えばいいのだけれど、そのどちらにも属しないけれど、どちらの条件も手に入れたい、と思う人は多いはず。

PORSCHE Panamera GTS Sport Turismo|ポルシェ パナメーラ GTS スポーツツーリスモ
PORSCHE Panamera GTS Sport Turismo|ポルシェ パナメーラ GTS スポーツツーリスモ
その他の写真を見る(6/11枚)

 そこで、ニクいGTSグレードの登場というわけなのだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ