PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

ランボルギーニ・ウラカンEVOの刺激に酔う

ルギーニ ウラカン エボ|Lamborghini Huracan EVO
ルギーニ ウラカン エボ|Lamborghini Huracan EVO
その他の写真を見る(1/9枚)

 今や“絶滅危惧種”の自然吸気V10を積むウラカンがさらに進化した。ペルフォルマンテと同じエンジンを積み、空力性能をさらに向上させたEVOに乗った。

その他の写真を見る(2/9枚)

空力性能は初期型の5倍以上

 2014年に、ガヤルドの後継としてデビューしたウラカンがマイナーチェンジをした。V12エンジンを搭載するアベンタドールに対して、ひとまわり小さなモデルであることから、“ベイビーランボ”と呼ばれたりもするが、それでもV10エンジンを搭載するいわずもがなのスーパーカーだ。

ランボルギーニ ウラカン エボ|Lamborghini Huracan EVO
ランボルギーニ ウラカン エボ|Lamborghini Huracan EVO
その他の写真を見る(3/9枚)

 今や絶滅危惧種となっている自然吸気V10エンジンは、デビュー時の610馬力から進化をとげ、2017年に登場したウラカン・ペルフォマンテでは640馬力に到達した。そして「ウラカン EVO」は、その640馬力のエンジンを搭載、7速DCTを介して四輪を駆動する。さらに、新デザインによる空力性能の向上と最新のビークルダイナミクス制御システムを得て、運転しやすく、ドライビングプレジャーを最大化した。その名のとおりのエボリューションモデルというわけだ。

ランボルギーニ ウラカン エボ|Lamborghini Huracan EVO
ランボルギーニ ウラカン エボ|Lamborghini Huracan EVO
その他の写真を見る(4/9枚)

 エクステリアデザインは、フロントバンパーをはじめ、アンダーボディの形状にまで手が加えられており、ダウンフォースと空力効率は初期型ウラカンの5倍以上に向上しているという。またリア周りは、ウラカンのレースカーと同様、従来より上方のリアバンパーの中央の位置に2本のテールパイプが配された。

 インテリアは、ステアリング奥のメーター類に12.3インチのカラーディスプレイを配置。走行モードに応じて表示が切り替わるイマどきの仕様だ。センターコンソールには縦長の8.4インチタッチスクリーンを採用し、スマートフォンのように指を使っての操作が可能となり、使い勝手が向上した。アルカンターラとレザーを組み合わせたシートは体にフィットし、日常での心地よさとスポーツ性をうまくバランスさせたものだ。

ランボルギーニ ウラカン エボ|Lamborghini Huracan EVO
ランボルギーニ ウラカン エボ|Lamborghini Huracan EVO
その他の写真を見る(5/9枚)

今どき8000回転まで回るV10

 センターコンソールに配された戦闘機のミサイル発射ボタンを彷彿とさせるエンジンスターターの赤いカバーを開いて始動する。フォンと切れ味の鋭いを音を奏でV10エンジンが目覚める。ドライブモードは、「ストラーダ」「スポーツ」「コルサ」の3つがあるが、まずは「ストラーダ」モードで走りだす。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ