PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

自動車レースに命をかけた男たち--映画 『フォードvsフェラーリ』

 マット・デイモンとクリスチャン・ベイルが、モータースポーツ界の伝説の人物を演じた話題作は、自動車好きに楽しませるだけではもったいない。今から観るひとのために、そのおもしろさを伝授しよう。

(C)Merrick Morton
(C)Merrick Morton
その他の写真を見る(1/4枚)

 まだ観ていないひとにはぜひ、と勧めたい、ジェームズ・マンゴールド監督の『フォードvsフェラーリ』。これは「衝突」の映画だ。

 主たる筋書きは、ル・マン24時間耐久レースをクライマックスにもってきての、フォードとフェラーリの対決だ。クリスチャン・ベイルの好演もあって、クルマ好きでなくても充分楽しめる。

 映画の舞台となった1966年も、各国で反戦運動、政治クーデター、世代間の相克と、衝突が多かった。フォードでもフェラーリでも、衝突が起こっていた。

 フォードの会長であるヘンリー・フォード2世は、業績不振に苦しみ、レースを敵視する米当局との衝突を覚悟で、拡大する若者市場にアピールする手段としてレースへの参戦を決意した。

 いっぽう、フェラーリも窮していた。会社を統べるエンツォ・フェラーリは、会社を売却するいがい、レース活動を続ける道はないと考えていた。

 銀行が動き、レースのイメージが欲しいフォードに、スポーツカー・レースの常勝チームであるフェラーリ買収の可能性を打診、いったんは話がまとまった。しかし、最後の最後でエンツォが売買契約への署名を拒否して買収話は流れ、フォードは一転、フェラーリ打倒の執念を燃やすのである。かくして、ル・マン24時間を制覇すべく、フォードは現在の貨幣価値で約4000万ドル(40億円強)もの年間予算を注ぎ込んで自前のレースカーを開発。フェラーリに勝って新世代フォードのイメージを確立しようとする。

 エンツォ・フェラーリは、資金を援助してもらうためにフィアットのジャンニ・アニエッリ会長に阿諛追従し、66年のル・マンでのフォードとの対決を前に、アニエッリ会長の甥をレースに出走させる。

 そのため、当時フェラーリのエースドライバーだったジョン・サーティースと衝突。彼はチームを去った。もし彼が66年のフェラーリの参戦マシンだったP3で出走していたら、ケン・マイルズとブルース・マクラーレンの2台のフォード・マークIIはワンツー・フィニッシュしなかったかもしれない。

 映画はマイルズがフォードの官僚主義と衝突しながら奮闘する感動の物語だ。いっぽうで、いろいろな"もし"を考えながら観ると、またおもしろい。

ON SCREEN  『フォードvsフェラーリ』
ON SCREEN  『フォードvsフェラーリ』
その他の写真を見る(2/4枚)
ON SCREEN  『フォードvsフェラーリ』
ON SCREEN  『フォードvsフェラーリ』
その他の写真を見る(3/4枚)

 ホアキン・フェニックスがジョニー・キャッシュを演じた傑作『ウォーク・ザ・ライン』(2005)などで知られるジェームズ・マンゴールドが、『Go Like Hell』(A・J・ベイム著)を原作に撮った作品。シェルビー・アメリカン社でフォードエンジンの「コブラ」を作っていた元レースドライバーのキャロル・シェルビーや、彼に請われてフォードGTのプロジェクトに参加し、ドライバーとしても優秀だったケン・マイルズなど、60年代の米自動車産業における伝説的人物が数多く登場する。TOHOシネマズ日比谷ほか、全国上映中。

 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

フォードGTは、64年の「フォード・マークⅠ」にはじまり、無敵を誇った7リッターの「マークⅡ」と「Jカー(マークⅣ)」と続く。「GT40」は排気量4.7リッター。68年にレース車両の排気量が制限されたため、7リッターマシンに代わり活躍。フォードが67年を最後に正式にはレースから撤退した後、GT40が68年と69年のル・マンで優勝している。
フォードGTは、64年の「フォード・マークⅠ」にはじまり、無敵を誇った7リッターの「マークⅡ」と「Jカー(マークⅣ)」と続く。「GT40」は排気量4.7リッター。68年にレース車両の排気量が制限されたため、7リッターマシンに代わり活躍。フォードが67年を最後に正式にはレースから撤退した後、GT40が68年と69年のル・マンで優勝している。
その他の写真を見る(4/4枚)

Words 小川フミオ Fumio OgawA

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ