PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

マツダのSUVは意外なほど本格派! CX-5&CX-8 オフロード試乗記

 マツダのSUV「CX-5」と「CX-8」にオフロードで試乗した。印象はいかに?

オフロード性能を追求するワケ

 2019年師走に富士ヶ嶺オフロードで開かれたマツダのオフロード試乗会、「CX-5」&「CX-8」篇である。

 現行CX-5は2017 年発表の2代目で、現在のマツダの主力モデルである。国内でも、日本自動車販売協会連合会による2019年1~12月のブランド通称名別の統計で販売台数3万1538台を記録、スバル「フォレスター」についで29位につけている。

 そのCX-5のプラットフォームを延ばして3列シートにし、マツダSUVの最上位モデルとして、同じく2017年の秋に登場したのがCX-8だ。前出2019年の統計では2万3294台を販売し、第36位に名前を連ねている。294万8000円から始まる、定員6人、もしくは7人の大きなSUVとしてはなかなか売れているといえるのではあるまいか。

【CX-8 XD PROACTIVE 4WD 主要諸元(写真左)】:全長×全幅×全高:4900mm×1840mm×1730mm、ホイールベース2930mm、車両重量1900kg、乗車定員6名、エンジン2188cc直列4気筒DOHCディーゼルターボ(190ps/4500rpm、450Nm/2000rpm)、トランスミッション6AT、駆動方式4WD、タイヤサイズ225/55R19、価格406万4500円(OP含まず)。 【CX-5 XD Exclusive Mode 4WD 主要諸元(写真右)】:全長×全幅×全高:4545mm×1840mm×1690mm、ホイールベース2700mm、車両重量1700kg、乗車定員5名、エンジン2188cc直列4気筒DOHCディーゼルターボ(190ps/4500rpm、450Nm/2000rpm)、トランスミッション6AT、駆動方式4WD、タイヤサイズ225/55R19、価格397万6500円(OP含まず)。
【CX-8 XD PROACTIVE 4WD 主要諸元(写真左)】:全長×全幅×全高:4900mm×1840mm×1730mm、ホイールベース2930mm、車両重量1900kg、乗車定員6名、エンジン2188cc直列4気筒DOHCディーゼルターボ(190ps/4500rpm、450Nm/2000rpm)、トランスミッション6AT、駆動方式4WD、タイヤサイズ225/55R19、価格406万4500円(OP含まず)。 【CX-5 XD Exclusive Mode 4WD 主要諸元(写真右)】:全長×全幅×全高:4545mm×1840mm×1690mm、ホイールベース2700mm、車両重量1700kg、乗車定員5名、エンジン2188cc直列4気筒DOHCディーゼルターボ(190ps/4500rpm、450Nm/2000rpm)、トランスミッション6AT、駆動方式4WD、タイヤサイズ225/55R19、価格397万6500円(OP含まず)。
その他の写真を見る(1/19枚)

 どちらもエンジン横置きのFWD(前輪駆動)ベースで、駆動方式はマツダのほかのモデル同様、FWDと、i-ACTIV AWD と呼ばれる4WDのどちらかを選ぶことができる。

 とはいえ、今回はオフロード試乗会なのでFWDの出番はない。

 日本のメーカーとしては珍しく、マツダは毎年、商品改良を施している。で、2019年の改良の目玉が、新型車であるCX-30、それにCX-5とCX-8に新たに搭載された、AWDの走破性を強化するシステム「オフロード・トラクション・アシスト」である。

 なんでまたCX-30とかCX-5のようなクロスオーバーSUVにそんなデバイスが必要なのかというと、ジープ「ラングラー」のような本格4×4と同じ土俵で評価されるのが当たり前の時代になっているからだという。

CX-8のインテリア。インパネ上部のインフォテインメントシステム「マツダコネクト」用モニターは標準。
CX-8のインテリア。インパネ上部のインフォテインメントシステム「マツダコネクト」用モニターは標準。
その他の写真を見る(2/19枚)
本革巻きステアリング・ホイールはオーディオ&操舵支援系のスウィッチ付き。
本革巻きステアリング・ホイールはオーディオ&操舵支援系のスウィッチ付き。
その他の写真を見る(3/19枚)
メーターはアナログ。フルカラーのインフォメーションディスプレイ付き。
メーターはアナログ。フルカラーのインフォメーションディスプレイ付き。
その他の写真を見る(4/19枚)
360°カメラも搭載。
360°カメラも搭載。
その他の写真を見る(5/19枚)

3つのファクターを重視

 マツダによると、オフロード性能というのは、次の3つのファクターで決まる。

1 ディメンション(最低地上高)

2 接地性(サスペンション・ストローク)

3 トラクション性能(AWD、LSD、トラクション・コントロール)

 1は前後オーバーハングの長さも大いに影響しているだろうけれど、ここでは無視して、CX-5のクラスの最低地上高は200mmが一般的という。そのなかにあって、CX-5の最低地上高は210mm、つまり、クラストップの数値を誇っている。

CX-8、CX-5ともにオートマチックトランスミッションは6段。
CX-8、CX-5ともにオートマチックトランスミッションは6段。
その他の写真を見る(6/19枚)
走行モード切り替えスウィッチはセレクターレバー横に設置。
走行モード切り替えスウィッチはセレクターレバー横に設置。
その他の写真を見る(7/19枚)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ