PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

これは2輪のオープンカー!? 6気筒エンジンを積むホンダ・ゴールドウイングに試乗する。

 国産初のグランドツアラーとして長い歴史を持つホンダ・ゴールドウイング。大型免許を持つライダーにとっての“憧れの存在”ともいえるこのビッグマシンに、小柄なオヤジ・ライダーが試乗した。

(C)Dan AOKI
(C)Dan AOKI
その他の写真を見る(1/13枚)

 撮影場所に現れたホンダ・ゴールドウイング ツアーを前に、思わず「デッカイなぁ」と声が出た。全長2575mm×全幅905mm。ジャンルを問わずに較べると、メガスポーツのスズキ・ハヤブサが2190mm×735mm、モンスタークルーザーたるヤマハVMAXが2395mm×820mmだったから、ゴールドウイング、まさに威風堂々である。

 「これに乗るのかぁ」といささか尻込みする気持ちで見ていると、「まあ、オープンカーみたいなものですね」と『GQ』編集部のカワニシさん。オープンカーねぇ……。でも、タイヤ、2つしかないじゃん。車重383kg。万が一転倒したら、JAFを呼ぶのか?と思いながらシートにまたがる。「コケないでくださいね」という声を背に、試乗に赴いた。

 ホンダ・ゴールドウイングは、バイクだてらに(!?)水平対向エンジンを積むグランドツアラーである。横向きに置かれたピストンが左右から打ち合うカタチになるため“ボクサーエンジン”とも呼ばれるこの形式。BMWのバイクが使用することで知られるが、2気筒のビーエムに対し、ゴールドウィングはなんと6気筒! 1970年代のデビュー当初は1リッターの4気筒だったが、バブル経済が盛り上がる1988年に6気筒化。1520ccからスタートして、現在では1833ccに拡大された。ボア×ストロークがいずれも73.0mmのスクエアユニット。126ps/5500rpmの最高出力と170Nm/4500rpmの最大トルクを発生する。

(C)Dan AOKI
(C)Dan AOKI
その他の写真を見る(2/13枚)
(C)Dan AOKI
(C)Dan AOKI
その他の写真を見る(3/13枚)

 ゴールドウイングは「Honda SMART Keyシステム」を採用しているので、長方体のキーを携帯していれば、センターコンソールのイグニションダイヤルを捻るだけでエンジンがかかる。両足より前方に置かれたフラット6は、かつてのポルシェ911を思い出させる乾いた排気干渉の音を響かせながら……ということはなく、むしろ地味に軽いビートを刻みながら、スムーズにスーパーツアラーを運んでいく。

 ゴールドウイングの6気筒は、水冷のSOHC4バルブエンジン。エグゾーストパイプに工夫を凝らしてサウンドチューニングを施しているが、それでもパワーユニットの趣味性や情緒より、「多気筒ゆえの上質さ」「水平対向ならではの低重心」といった、技術的な狙いが前面に押し出される印象だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ