PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

なにもかもが贅沢だ! アストンマーティン DBS スーパーレッジェーラ・ヴォランテ試乗記

 アストンマーティンのGTカー「DBS」のオープンモデルに今尾直樹が試乗した。筆者が「素晴らしい!」と、感動した理由とは?

これぞイギリスの荒ぶる神の化身だ!

 「おおおおおお!!」

 箱根の山道の登りでアクセルを床まで一瞬踏みつけたら、5.2リッターV型12気筒ツインターボ・エンジンが雷鳴のようなサウンドを発し、リア・タイヤがスキッドした。3速、ドライ路面なのに。絶句。いまどき、ドライバーをこんなかたちで脅す怪物があらわれるとは!? もちろん一瞬のことで、その後すぐにトラクション・コントロールが介入し、何事もなかったかのように加速を続けた。ドッキリするじゃんねえ。

 英国のサラブレッド・スポーツカー、アストンマーティンのグランド・ツーリング・カーのオープン・モデル、その名も「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」のステアリングを握りながら、筆者は思った。これぞイギリスの荒ぶる神の化身だ! イギリスの荒ぶる神……って聞いたことがないけど、この最高出力725ps、最大トルク900Nmのモンスターがそれだ。

【主要諸元】全長×全幅×全高:4715×1970×1295mm、ホイールベース2805mm、車両重量1863kg、乗車定員4名、エンジン5204ccV 型12気筒DOHCツインターボ(725ps/6500rpm、900Nm/5000rpm)、トランスミッション8AT、駆動方式RWD、タイヤサイズ、フロント265/35ZR21 リア305/30ZR21、価格3796万185円(OP含まず)。
【主要諸元】全長×全幅×全高:4715×1970×1295mm、ホイールベース2805mm、車両重量1863kg、乗車定員4名、エンジン5204ccV 型12気筒DOHCツインターボ(725ps/6500rpm、900Nm/5000rpm)、トランスミッション8AT、駆動方式RWD、タイヤサイズ、フロント265/35ZR21 リア305/30ZR21、価格3796万185円(OP含まず)。
その他の写真を見る(1/6枚)

 もちろん幌は開けている。スイッチひとつの全自動で、開くのに14秒、閉めるのに16秒というスグレモノだから、開閉にためらう必要はない。空は青く澄みわたっていて、箱根山中の大気は、これが温暖化によるものだと考えると恐ろしいけれど、気持ちのよい程度に冷たくて、つまり、さほど寒くなくてたいへん気持ちイイ。オープン・カーには絶好の日和だ。シートとステアリングホイールのヒーターをオンにすれば、寒風のなか、ぬくぬくとしていられる。

 フロント・ミドに搭載する5.2リッターV型12気筒ツインターボは、前述の725ps を6500rpmで、900Nmを1800~5000rpmで発生する。途轍もないパワー&トルクだ。高回転型にして、低速からトルクたっぷり。第一印象は羽のように軽くまわるエンジンである。

タイヤサイズはフロント265/35ZR21 リア305/30ZR21。
タイヤサイズはフロント265/35ZR21 リア305/30ZR21。
その他の写真を見る(2/6枚)

 ベースをおなじくするDB11用に較べると、DB11は608psと700Nmだから、それより117psと200Nmも上乗せしている。器は基本的にDB11のシャシーで、トレッドを前10mm、後ろ20mm広げ、最低地上高を5mm低めるなどしてジオメトリーを改良、前225/40、後ろ295/35の20インチから、前265/35、後ろ305/30の21インチという、ぶっとくて薄くて、でっかいサイズのタイヤに履き替えているとはいえ、全開時に生まれる大トルクを、リアだけでさばき切れるはずもない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ