PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

軽の四駆から電気自動車までクルマは群雄割拠--ミニバンの雄か、ラスト・サムライか

 ガソリンエンジンから電気自動車へ、大きな変革の時代にある自動車業界。果たして「れいわ」のいま、選ぶべきはどのようなクルマなのか? アラフィフ自動車ジャーナリストの小沢コージ、河口まなぶ、河西啓介が、「れいわの定番カー」10台を選出した。

れいわの定番は?をテーマに、自動車ジャーナリストが白熱のクルマTALKを展開。定番カーを10台選出する。

オザワ いきなり言わせてもらいますが、“クルマの定番”っていうのは難しい! クルマって常にアップデートしなきゃならない商品だからね。10年も20年も乗るっていうのは、オレとしては考えられない。結局ミニとビートルとフィアット500が世界の“3大ベーシックカー”なんだけど、でもそれ言っちゃうと10年、20年前となんにも変わらない。“れいわ感”はないわな。イマドキの新型車って「iPhone」なんだよ。10年使うって考えられない。昔の「ウォークマン」なら使い続けてもいいだろうけど。アナログを楽しむっていうか。

カワニシ オザワさんの言う“3大ベーシックカー”に加えて、クロカン御三家のジープ、ゲレンデ(Gクラス)、レンジローバー。これで6台か(笑)。

カワグチ そこに加えるとしたら、ずっとアップデートし続けてきている定番モノ。Cクラス、3シリーズ、ポルシェ911。

オザワ でも、それを「定番」って言っちゃあ話はおしまいなんだよ。昭和も令和も変わらんない。

カワグチ ちっちゃいクルマの中で、「れいわの定番」と言えるのはミニかな。時代を越えてアップデートされ続けて、今やひとつのブランドになったよね。現行ミニはどのモデルを選んでも“定番”と言えると思う。ボクだったらミニのSUVと言える「クロスオーバー」を選ぶかな。とはいえ昔ながらのミニの“味”がほしいなら3ドアもいいと思う。

ミニクロスオーバーブランドへと昇華した「MINI」。4ドアのクロスオーバーはSUV並みのユーティリティを持つ。
ミニクロスオーバーブランドへと昇華した「MINI」。4ドアのクロスオーバーはSUV並みのユーティリティを持つ。
その他の写真を見る(1/10枚)

オザワ どれも乗るとちゃんと“ミニらしさ”があるんだよな。古典とモダンのいい配分。オレは持ってるもん。ミニ コンバーチブル。

カワグチ ミニは大衆車ブランド最大の成功だと思う。それに対してVW(フォルクスワーゲン)の「ビートル」はミニほどのブランドにはなれずに終わっちゃったよね。

カワニシ ビートルは2019年をもって生産中止になると発表されました。ミニとの違いって、なんだったんでしょう?

オザワ ビートルはあの丸いカタチの呪縛というか、縛りがキツすぎたんだと思う。ビートルのワゴンってイメージできないじゃん? SUVなんかの派生モデルもつくりにくかった。対してミニは縛りがユルユルだったのが却ってよかったよね。ある意味なんでもアリ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ