PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

SUVでもやっぱりポルシェ! マカン S試乗記

 ポルシェのミドルクラスSUV「マカン S」の魅力とは? 大谷達也が試乗した。

たかが1.5kg、されど1.5kg

 ポルシェ「マカン」はDセグメント最強のSUVだ。

 最強といっても、速さだけが取り柄ではない。もちろんポルシェだからパワフルな走りも楽しめるけれど、滑らかな乗り心地でも車内の静けさでもライバルに負けていない。しかも、コーナーが続くワインディングロードでは狙いどおりに走れるし、高速道路を延々とクルージングするようなシーンでも不満はまったく覚えない。内外装のクォリティだってトップクラス。ついでにいえば、テールゲートが強く前傾したクーペっぽいデザインも個人的には好みだ。

【主要諸元】全長×全幅×全高:4695mm×1925mm×1625mm、ホイールベース:2805mm、車両重量:1940kg、乗車定員:5名、エンジン:2995ccV型6気筒DOHCターボ(354ps/5400~6400rpm、480Nm/1360~4800rpm)、トランスミッション7AT、駆動方式:4WD、タイヤサイズ:フロント235/60R18、リア255/55R18、価格:874万9074円(OP含まず)。
【主要諸元】全長×全幅×全高:4695mm×1925mm×1625mm、ホイールベース:2805mm、車両重量:1940kg、乗車定員:5名、エンジン:2995ccV型6気筒DOHCターボ(354ps/5400~6400rpm、480Nm/1360~4800rpm)、トランスミッション7AT、駆動方式:4WD、タイヤサイズ:フロント235/60R18、リア255/55R18、価格:874万9074円(OP含まず)。
その他の写真を見る(1/16枚)

 もしもマカンに弱点があるとすれば、お値段がはる点だろうか。車両価格自体はライバルのメルセデス・ベンツ「GLC」、BMW「X3」、アウディ「Q5」などと変わらないけれど、自分が欲しいと思うオプションをマカンにつけていくと結構な金額になってもおかしくない。まあ、それさえも「ポルシェなんだから」と納得させてしまうあたりが、シュトゥッツガルト生まれのスポーツカーメーカーが持つ魔力といえるかもしれない。

 そんなマカンがマイナーチェンジを受けた。メディア向けに配布された資料を見ると、どうやらヨーロッパの最新排ガス規制をクリアするためにエンジンが新しい世代のものと入れ替わったらしい。あとはフロント・サスペンションに使われているスプリングフォークというパーツをそれまでのスチール製からアルミ製に変更し1.5kgの軽量化を果たしたという。

 エンジンはまだしも、足まわりのたった1.5kgの変化なんてそう簡単にわかるはずはないと試乗前は予想していたのだけれど、先にお断りしておけば、この予想が見事なまでに裏切られたというあたりが本リポートの主なテーマとなる。

エアサスペンション装着車の最低地上高は190~230mm。標準サスペンションは205mm。
エアサスペンション装着車の最低地上高は190~230mm。標準サスペンションは205mm。
その他の写真を見る(2/16枚)

“しなやかさ”のレベルが一段向上

 試乗したのは3.0リッターV型6気筒ガソリン・ターボ エンジンを搭載するマカンS。お値段はおよそ875万円。これ以外に2.0リッター 直列4気筒ガソリンターボ・エンジンのマカン(約712万円)と、よりパワフルな3.0リッターV型6気筒ガソリンターボ・エンジンを搭載するマカン ターボ(約1220万円)が用意されるが、まずはマカンSが代表モデルといって間違いない。

タイヤサイズはフロント235/60R18、リア255/55R18。試乗車のアルミホイールはオプションのマカン ターボ用の20インチ。
タイヤサイズはフロント235/60R18、リア255/55R18。試乗車のアルミホイールはオプションのマカン ターボ用の20インチ。
その他の写真を見る(3/16枚)
最高速度は254km/h。ブレーキは、フロントが対向6ピストン式アルミニウム製モノブロックキャリパー、リアがシングルピストン フローティング キャリパー。
最高速度は254km/h。ブレーキは、フロントが対向6ピストン式アルミニウム製モノブロックキャリパー、リアがシングルピストン フローティング キャリパー。
その他の写真を見る(4/16枚)

 乗り始めてまず感じるのは、「大した差じゃないはず」と、高をくくっていたサスペンションの変化である。もともとマカンは、ライバルたちよりも足まわりがよりなめらかにストロークし、大きくうねるような路面だろうと鋭い段差だろうとタイヤがしなやかに追随して快適な乗り心地をもたらしてくれるのが大きな特徴だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ