PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

M8、それは8シリーズの真価を味わえるクルマだ

 6月よりデビューしたM8。BMW最上位である8シリーズの中でもさらに最上位に位置するM8はグランドツアラーとしても、スポーツカーとしても、全く新しい魅力を持っている。その実力を幾度もBMWの試乗会に足を運んでいる自動車評論家、西川淳が確かめた。

発売するグレードはベースグレードのM8と、上位グレードのM8 コンペティションの2種類。M8が2230万円、M8 コンペティションが2433万円。
発売するグレードはベースグレードのM8と、上位グレードのM8 コンペティションの2種類。M8が2230万円、M8 コンペティションが2433万円。
その他の写真を見る(1/14枚)

待望の新型M8

 M850i xドライブにポルトガルで初めて乗ったときのこと。エストリルのサーキットと郊外のカントリーロードで試したのち、ボクは8シリーズの開発陣にこう告げたものだった。

エキゾースト音をMスポーツ・エキゾースト・システムにより好みに応じて変更できる。スポーツやスポーツ・プラスモードではスポーツカーらしいサウンドが楽しめ、コンフォートモードを選べば控えめなサウンドになる。
エキゾースト音をMスポーツ・エキゾースト・システムにより好みに応じて変更できる。スポーツやスポーツ・プラスモードではスポーツカーらしいサウンドが楽しめ、コンフォートモードを選べば控えめなサウンドになる。
その他の写真を見る(2/14枚)

 「確かに非常によくできたグランドツアラーではあるけれど、貴方たちが言うほど強烈なスポーツカーというわけではありませんね」。けなしたわけじゃなく、これでも褒めたつもりだった。エンジニアたちは一瞬けげんな顔を見せたものの、ほどなく立ち直って、理解力の乏しい生徒にもう一度言い聞かせるかのごとく、プレゼンテーションと同じ内容をことさら丁寧に語り始めた。

ボディサイズは全長4867×全幅1907×全高1362mm。クーペながら積載容量は420?と大柄なだけある。
ボディサイズは全長4867×全幅1907×全高1362mm。クーペながら積載容量は420?と大柄なだけある。
その他の写真を見る(3/14枚)

 きっと、「そんなことは分かっているんだよ」、という思いを表情から読み取ったのだろう。開発担当の説明を横で聞いていたひとりのエンジニア、その前の夜、ディナーで同席となりクルマ話で盛り上がったM担当が、ボクにこう耳打ちした。

 「M8を待ってくれ」。その様子から内容を察したのだろう。8シリーズの開発陣さえ真価はM8で分かるとばかりに、頷いた。

その他の写真を見る(4/14枚)

ルックスから漂う存在感

 思い返せば8シリーズのデビューは昨年(2018年)のル・マン24時間レースだった。それもGTEクラスのレーシングカーM8GTが8シリーズとして先に走り始めたのだ(会場においてThe 8の世界初披露もあった)。

 要するにBMWの開発陣は、新型8シリーズを単なるビッグクーペネームの復活ではなく、また、6シリーズの後継でもなく、まったく新しいスポーツカー&グランツアラーとして発表したかった、というわけである。こんどの8シリーズは、豪華なGTだけれども、根っこはスポーツカーなのですよ、と……。

その他の写真を見る(5/14枚)

 そして、2019年9月。再び(否、8シリーズコンバーチブルの試乗会も途中であったから3たび)ポルトガルにやってきた私は、ようやく待望のM8と対面することになった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ