PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

もう地味とは言わせない! 新型ボルボS60海外試乗記

 新世代ボルボのセダン第2弾である新型「S60」に、河村康彦がアメリカで試乗した。まもなく日本へも導入される予定のスタイリッシュなセダンは、想像以上にスポーティだった!

セダン冬の時代

 「カッコいい」。ボルボの新型「S60」を、はじめて見たときの印象だ。SUVがあふれる昨今、背の低いボルボの新型セダンは驚くほどスタイリッシュに見えた。

 今や世界のどこのマーケットでも、”主役”としてもてはやされるのは「SUV」だ。より新鮮で個性に富んだスタイリングや、昨今の”異常気象”に対する高いタフネスぶりといったベネフィットを提供するから、人気を集めるのも理解出来る。

新型S60は限定導入されたS90と異なり、日本でもカタログモデルになるようだ。
新型S60は限定導入されたS90と異なり、日本でもカタログモデルになるようだ。
その他の写真を見る(1/21枚)

 また、メーカーにとってもメリットがある。たとえば、電動化関連の新たなメカニズムの設置場所の確保が容易であることや、付加価値を高めて利益を上乗せ出来る点だ。

 それやこれやでSUVは、世界的に”時代の寵児”になった。日本でも、ボルボの最新SUV「XC40」や「XC60」は人気だ。とくにXC40は大量のバックオーダーを抱えているという。

世界中で人気を集める「XC40」。日本でも大量のバックオーダーを抱えており、今、契約しても納車されるのは1年以上先という。
世界中で人気を集める「XC40」。日本でも大量のバックオーダーを抱えており、今、契約しても納車されるのは1年以上先という。
その他の写真を見る(2/21枚)

 そのいっぽうで、セダンやステーションワゴンは、下手をすれば”過去のデザイン”というイメージすらいだかれかねなくなっている。

 しかし、ボルボの新型「S60」は、そのカッコよさで、セダンへの注目を促す1台になるのではないか。

かつてのボルボといえば、「240」のセダンのように、角ばったデザインが主流だった。
かつてのボルボといえば、「240」のセダンのように、角ばったデザインが主流だった。
その他の写真を見る(3/21枚)
2010年登場の先代S60。
2010年登場の先代S60。
その他の写真を見る(4/21枚)

エクステリア&インテリアは新世代ボルボらしさ満載!

 エクステリア・デザインのハイライトは、FFレイアウトがベースであるのを忘れさせるようなスラリと伸びたボンネットに、4ドア・クーペの風味漂うアーチ型のルーフライン。エレガントなプロファイルを見せる。

 フロントオーバーハングを切り詰めてホイールベースは長く、ホイールがボディ幅一杯にまで張り出しているのもいい。躍動感がみなぎるからだ。”生粋のスポーツセダン”そのもの、というカッコ良さである。

ボディは全長×全幅×全高:4761mm×1851mm×1431mm(海外仕様)。
ボディは全長×全幅×全高:4761mm×1851mm×1431mm(海外仕様)。
その他の写真を見る(5/21枚)

 かくもスタイリッシュなセダンを提案されると、「昨今のセダン人気凋落の要因のひとつは、”カッコいいセダン”があらわれないことにもあるのでは?」と、そ考えさせられてしまう。

 4761×1851mmという全長×全幅サイズは決して”コンパクト”とはいえないものの、日本の環境下でもなんとか持て余さずに扱えそうだ。

LEDヘッドライトは新世代ボルボに共通するデザイン。北欧神話に登場する雷神の持つハンマーがモチーフだ。
LEDヘッドライトは新世代ボルボに共通するデザイン。北欧神話に登場する雷神の持つハンマーがモチーフだ。
その他の写真を見る(6/21枚)
リアシートはセンターアームレスト付き。グレードによって、リアシート専用のエアコン・システムも搭載する。
リアシートはセンターアームレスト付き。グレードによって、リアシート専用のエアコン・システムも搭載する。
その他の写真を見る(7/21枚)

 そして大人4人がゆったり寛げるキャビンスペースや、広大なトランクルームを見たあと、あらためてスタイリッシュなエクステリアを見ると「やっぱりセダンはいいかもしれない」と、考えを変える人も少なくないと思う。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ