PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

710psの最強ジープ、価格1330万4000円也--ジープ グランドチェロキー トラックホーク試乗記

過激なグランドチェロキーはいかが?

 “もっとも凶悪なSUV”と、いっていいのか、と悩ませるほど、ジープの「グランドチェロキー トラックホーク」はスゴい。大排気量のV型8気筒エンジンを搭載し、巨大なエアダム一体型バンパーに大きな20インチ・ホイールを組み合わせる。見た目もさることながら、実際の走りも、迫力あふれた“マッスルカー”ならぬ“マッスルSUV”だった。

【主要諸元】全長×全幅×全高:4890mm×1980mm×1800mm、ホイールベース:2915mm、車両重量:2470kg、乗車定員:5名、エンジン:6165ccV型8気筒OHVスーパーチャージャー付(710ps/6200rpm、868Nm/4700rpm)、トランスミッション:8AT、駆動方式:4WD、タイヤサイズ:295/45ZR20、価格:1330万4000円(OP含まず)。
【主要諸元】全長×全幅×全高:4890mm×1980mm×1800mm、ホイールベース:2915mm、車両重量:2470kg、乗車定員:5名、エンジン:6165ccV型8気筒OHVスーパーチャージャー付(710ps/6200rpm、868Nm/4700rpm)、トランスミッション:8AT、駆動方式:4WD、タイヤサイズ:295/45ZR20、価格:1330万4000円(OP含まず)。
その他の写真を見る(1/28枚)
マフラーは左右2本ずつ、計4本出し。
マフラーは左右2本ずつ、計4本出し。
その他の写真を見る(2/28枚)
タイヤサイズは295/45ZR20。ブレーキキャリパーはブレンボ社製。
タイヤサイズは295/45ZR20。ブレーキキャリパーはブレンボ社製。
その他の写真を見る(3/28枚)

 トラックホークの日本導入は、2019年5月である。従来からの「グランドチェロキー SRT8」のさらに上をいくモデルとして登場した。本国におけるラインナップで、もっとも高性能なモデルである。

 トラックホークが、その名に“トラック(レース場)”を含むことからも、いかなるクルマを目指し、開発されたかが容易にわかるだろう。主たる目的は走行性能の向上である。ゆえに、最高出力710psを発揮する6.2リッターV型8気筒OHVエンジンを搭載するのだ。しかもこのエンジン、スーパーチャージャーを備えている。

テールゲートには、トラックホークをあらわす専用バッヂが備わる。
テールゲートには、トラックホークをあらわす専用バッヂが備わる。
その他の写真を見る(4/28枚)

スポーティかつラグジュアリーなインテリア

 実際乗り込むと、着座位置は高い。ひとによっては、「ちょっとエラくなったかもしれない」と、錯覚をおぼえてしまうかも。トラック並み、と、表現してもいいだろう。

 トラックと記したが、あくまでそれは着座位置についてである。インテリアのつくりは、ゴージャスなSUVやセダンなどと遜色ない。私が試乗したモデルには、あざやかなレッドレザーがふんだんに使われていたのが印象的だった。ダッシュボードも、上面こそオーソドックスなブラックであるが下半分はレッドだったし、シート表皮もレッドだった。

シート表皮はレザー。インテリア・カラーはレッドのほか、ブラックも選べる。
シート表皮はレザー。インテリア・カラーはレッドのほか、ブラックも選べる。
その他の写真を見る(5/28枚)
シートのバックレストには、トラックホークのロゴ入り。
シートのバックレストには、トラックホークのロゴ入り。
その他の写真を見る(6/28枚)
リアシートのバックレストはリクライニング機構およびヒーター機能付き。
リアシートのバックレストはリクライニング機構およびヒーター機能付き。
その他の写真を見る(7/28枚)
リアシート専用のエアコン吹き出し口やUSB端子もある。
リアシート専用のエアコン吹き出し口やUSB端子もある。
その他の写真を見る(8/28枚)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ