PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

なぜ、トヨタの高級ミニバンは売れるのか? ヴェルファイア試乗記

 トヨタの高級ミニバン「ヴェルファイア」の3.5リッターV型6気筒エンジン搭載モデルに試乗した。はたして、ヒットする理由とは?

広さより快適性

 新しい3.5リッターV型6気筒エンジンを搭載したトヨタ「ヴェルファイア」にようやく乗れた。2018年3月に登場した新エンジン搭載モデルは、従来に比べパワフルになっているのが大きな特徴だ。

【主要諸元(ZG)】全長×全幅×全高:4935mm×1850mm×1935mm、ホイールベース:3000mm、車両重量:2090kg、乗車定員:7名、エンジン:3456ccV型6気筒DOHC(301ps/6600rpm、361Nm/4600~4700rpm)、トランスミッション:8AT、駆動方式:FF、タイヤサイズ:235/50R18、価格:494万7480円(OP含まず)。
【主要諸元(ZG)】全長×全幅×全高:4935mm×1850mm×1935mm、ホイールベース:3000mm、車両重量:2090kg、乗車定員:7名、エンジン:3456ccV型6気筒DOHC(301ps/6600rpm、361Nm/4600~4700rpm)、トランスミッション:8AT、駆動方式:FF、タイヤサイズ:235/50R18、価格:494万7480円(OP含まず)。
その他の写真を見る(1/30枚)
タイヤサイズは235/50R18。ZGのアルミホイールは一部ブラックだ。
タイヤサイズは235/50R18。ZGのアルミホイールは一部ブラックだ。
その他の写真を見る(2/30枚)

 セダンの販売が落ちている反面、ミニバンのヴェルファイアと姉妹車「アルファード」のセールスは好調だ。そういえば、2019年春に発表されたヴェルファイア/アルファードのレクサス版「LM」が話題を呼んだのも記憶に新しい。発表直後から、「日本でも売ってほしい!」という声が少なからず寄せられたと聞いた。

 ヴェルファイアについては、運転した印象を書くべきか、それとも後席に座った印象を書くべきか、迷ってしまう。なぜなら、“新しい時代のリムジン”として受け入れられたゆえ、ヒットしたクルマだからだ。ひと昔前のミニバンと異なり、“広さ”よりも“快適性”を重視し、開発されている。

現行ヴェルファイアは2015年に登場。パワートレーンは、2.5リッター直列4気ガソリン・エンジン、2.5リッター直列4気ガソリン・エンジン+モーターのハイブリッド、そして、3.5リッターV型6気筒ガソリン・エンジンの3タイプから選べる。
現行ヴェルファイアは2015年に登場。パワートレーンは、2.5リッター直列4気ガソリン・エンジン、2.5リッター直列4気ガソリン・エンジン+モーターのハイブリッド、そして、3.5リッターV型6気筒ガソリン・エンジンの3タイプから選べる。
その他の写真を見る(3/30枚)

運転しても快適

 ヴェルファイアには、2.5リッター直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッド仕様や2.5リッター直列4気筒エンジン搭載モデルも選べるが、今回試乗したのは、221kW(301ps)の最高出力と361Nmの最大トルクを発揮する3456ccV型6気筒エンジン搭載の「ZG」というモデルだ。

駆動方式はFFと4WDが選べる。
駆動方式はFFと4WDが選べる。
その他の写真を見る(4/30枚)

 全長4935mm、車重2tを超えるボディであるが、まったくかったるさを感じさせないエンジンである。発進からして力強く、高速走行中に加速したいときも、アクセルペダルの踏み込みに対してかなり反応がいい。

 8段オートマチック変速機の恩恵も大きい。アクセルペダルの踏み込み量に応じてシフトダウンとシフトアップの制御が緻密におこなわれているかんじだ。この3.5リッターV型6気筒エンジンは、パワーと燃費をともに追求したところに特徴を持つ。

搭載するエンジンは3456ccV型6気筒DOHC(301ps/6600rpm、361Nm/4600~4700rpm)。
搭載するエンジンは3456ccV型6気筒DOHC(301ps/6600rpm、361Nm/4600~4700rpm)。
その他の写真を見る(5/30枚)
トランスミッションは8ATのみ。
トランスミッションは8ATのみ。
その他の写真を見る(6/30枚)
リアゲートにはV型6気筒エンジン搭載をあらわすバッジ付き。
リアゲートにはV型6気筒エンジン搭載をあらわすバッジ付き。
その他の写真を見る(7/30枚)

 自動車メーカーによっては、エンジンのパワフルさを自慢する場合、わざと変速がわかるようにし、パワートレーンの存在を感じさせるケースもある。ヴェルファイアが搭載するエンジンも、存在を目立たせてもいいのでは? と、思うほどパワフルではあるが、快適性に重きが置かれているのだろう。ショックをほとんど感じさせず変速していく。

 快適性という点においては、エンジン・パワーにくわえ、正確なステアリングのおかげでドライバーは気持ちよく運転出来る。

3.5リッターV型6気筒エンジン搭載の「ZG」のJC08モード燃費は、10.8km/L。
3.5リッターV型6気筒エンジン搭載の「ZG」のJC08モード燃費は、10.8km/L。
その他の写真を見る(8/30枚)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ