PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

傑作小径自転車「モールトン」は、“吊るし”で乗ってはいけない?

 オリジナルのモールトンのフレーム精度はお世辞にも褒められるようなレベルにない。トラス構造のフレームは重量剛性比に優れるが、溶接が増える分だけ精度は狂いやすくなる。非力なヒューマンエンジンの自転車において、精度不良によるパワーロスは数値以上に大きく感じる。それを、ここまで上質な乗り心地に仕立てるには、想像を絶するほどの手間のかかる作業が欠かせない。

 「パーツはすべてバラし、スポークの長さも最適化してから組みます」とオーナーの寺田光孝さんは言う。サスペンションのセッティングも低速域ではしなやかに、高速域ではレスポンスの俊敏さが際立つように、と配慮されている。扱いやすく万人から好まれそうだが、ライダーが変わればセッティングも変わる。サスペンションやアライメント調整など、モールトンは手間のかかるバイクだ。それゆえにショップやオーナーズクラブとの関わりが、快適にモールトンを走らせるコツだ。

サドルとハンドル高さの調整幅が大きいため、さまざまな身長、体格に対応できる。
サドルとハンドル高さの調整幅が大きいため、さまざまな身長、体格に対応できる。
その他の写真を見る(3/4枚)
車名が記されるのはシートチューブの表記だけ。ヘッド&シートチューブはレイノルズ社のチューブが使われているという。
車名が記されるのはシートチューブの表記だけ。ヘッド&シートチューブはレイノルズ社のチューブが使われているという。
その他の写真を見る(4/4枚)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ