PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

BMW MOTORRAD GSオーナーなら参加可能な冒険心溢れる世界規模のイベント

2輪、4輪問わずレースといえば速さを競うものがほとんどだが、例外もある。アドベンチャーバイクというカテゴリーの魅力を存分に引き出すべく、BMWモタードが展開する遊び心のあるレースイベントがそれ。その日本代表選考会にお邪魔した。

文・鈴木大五朗 写真・BMWモタード 編集・iconic

その他の写真を見る(1/2枚)

世界大会への出場権をかけ、日本中のGS乗りが一堂に集結

 BMWがリリースするアドベンチャーマシンであるGS。その世界観を演出する大きなきっかけになっているGSトロフィーというイベントがある。

 これはGS乗りによるGSによる国別対抗戦だ。選ばれた3人が1チームとなり、誰が(どこの国が)ベストかを競う。

 2008年にチュニジアで初開催されたこのイベントは、それから2年に1度。南アフリカ、アルゼンチン、カナダ、タイ、モロッコとその舞台を変えながら開催されているのだが、そのスケールがとにかくでかい。

 約20カ国の参加チームとメディア。そして関係者と、総勢100台以上のGSが一斉に走るさまは壮観だ。参加者にはスペシャルカラーが施されたGSが用意され、これも支給されたお揃いのウェアで走るのである。前大会からは女性チームも参加。こちらは国別ではなく、別枠で選考会を開催し、そのなかから上位3名を選出した混同チームを結成する。

 レースでは丸々1週間、未舗装路を走り続ける。寝泊りはすべてテントでのキャンプ生活だ。スペシャルステージと呼ばれる競技で優劣を決めていく。自動車のパリ・ダカール・ラリーに近いと言えば近いが、実際はかなり異なる。

 スペシャルステージ間の移動はポイントに無関係であり、また大会を通して基本的に1セットのタイヤだけしか使えないという制限もあってハードに走る場面ばかりとはなっていない。また、スペシャルステージも速さや上手さを競うものだけでなく、単純に体力勝負のようなものや、なぜかスタンドアップパドルでの競争等、バイクとは全く関係のないものも少なくない。もちろん英語力やコミュニケーション能力も必要だ。

 それはアメリカ横断ウルトラクイズ的というか、風雲たけし城風というか、目を三角にするだけではない多角的要素が求められるところが、コンペティション性の高いマシンではないGSの大会らしいところでもある。

 選考されるのはそれぞれの国で行なわれる予選をクリアしたトップ3名。プロフェッショナルライダーや関係者、過去に選考されたことのあるライダーは除外される。

 2年毎に行なわれる世界大会に向け、世界各国でその選考会が行なわれ、2020年に行なわれる予定のニュージーランド大会への切符を掴むべく、去る6月16日にわが国でも第一次選考会が開催された。総勢35名ものGS乗りがエントリー。ここから最終選考に進めるのは10名となる。また、女性ライダーも3名がエントリー。そのうちの2名がスペインで行われる最終選考会への切符をかけての戦いとなった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ