PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

価値がわかるひとにはプライスレスなスバル--即日完売した WRX STI TYPE RA-Rの魅力とは?【試乗記】

 ではあるものの、試乗車は一見地味である。なるほど10mm低められた車高はただならぬ雰囲気を醸し出してはいるものの、カタログモデルのWRX STIだってフロントのオーバーフェンダーやボンネットに設けられたエアスクープとかに、1990年代のWRC(世界ラリー選手権)で大活躍したインプレッサWRX直系のみが持つ迫力がある。

 しかしながら、タイプRA-Rの場合、フロント・フードを開けると、一目瞭然。その裏のインシュレーターが取り去られている。フロア下は覗いてないけれど、アンダーカバーもない(はずである)。ドアミラーはドライカーボンが上から貼ってあるのではなくて、ドライカーボン製に取り替えられている。ウォッシャーのタンクが4.0リッターから2.5リッターに縮小されている、というのはまさにグラム単位の取り組みだ。

 ポップアップ式ヘッドランプウォッシャー、リア間欠ワイパー&ウォッシャー、リアフォグランプ、後席センターアームレスト(カップホルダー付き)、スペア・タイヤも廃止されている、というようなことはあとから知った。これだけやって10kgの軽量と思うと、労多くして……という感じがしないでもないけれど、ツギハギのプラットフォームが重くなっているのだから致し方ない。

SUBARU WRX STI TYPE RA-R|スバル WRX STI タイプRA-R
SUBARU WRX STI TYPE RA-R|スバル WRX STI タイプRA-R
その他の写真を見る(3/6枚)

 高精度なエンジン

 ガッチリしたフィールのクラッチを踏み込み、これまた手応えのある6速マニュアルのギアボックスをローに入れて走り出す。乗り心地は硬い。硬いけれど、野蛮ではない。横浜のみなとみらい地区は埋立地だからか、意外と道が荒れていて、低速ではボディが上下に揺れる。ところがそうやって揺れているにもかかわらず、ボディのしっかり感はすこぶる高い。おかげで、路面の凸凹を押しつぶすようにフラットに走ること、ドイツ車のごとし、である。戦車のごとし、というフレーズすら浮かんだ。

 一般道から首都高速に上がると、硬いという印象は消え、しなやかで強靭なモノに乗っている感に支配される。これにはカヤバの倒立ダンパーと、国内初登場のミシュラン社製の「パイロット・スポーツ4」が効いているらしい。STIがニュルブルクリンク24時間レースへの挑戦から得たノウハウが注ぎ込まれてもいる。

 2008年を最後にスバルがWRCから撤退すると、STIは活動の舞台を年に1度のニュルブルクリンク24時間レースに移す。現行WRX STIでは、発売開始された2014年から参戦し、2015年、2016年、2018年とクラス優勝(2.0リッター以下のターボ車)を達成している。また、S207とS208にドライカーボン製のルーフとリアスポイラーを採用した「NBR CHALLENGE PACKAGE」を設定したりしてもいる。開発の舞台がニュルブルクリンクの高性能モデルであれば、ドイツ車と似てくるのも当然かもしれない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ