PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

ホンダの“本気”を感じる1台--ホンダCB1000R試乗記

Messenger

 とはいえ、エンジンまわりのマッシブなシルエット、フラットに近いバーハンドル、やや前下がりの面構えとライディングポジションは、ストリートファイター系を彷彿させる。

 CB1000Rのデザインは、さまざまな要素を凝縮しているにもかかわらず、一切の破綻がないからすごい。

 デザインもさることながら、テクノロジーもこだわっている。たとえば、クラッチレバーを握るときの重さを軽減する「アシストスリッパークラッチ」、クラッチレバー操作なしにシフトを可能にする「クイックシフター」、スロットル操作に対する出力特性やエンジンブレーキの強さを選べる「走行モード」システムなど、最新テクノロジーを多数備える。

 スーパースポーツバイクをネイキッド化したモデルの多くは、ベースモデルのパーツからグレードダウンしたものを使うケースが多い。ところが、CB1000Rはそういった妥協がみられない。スーパースポーツが使うパーツを、ほぼそのまま流用しているのだ。ホンダがCB1000Rにかける意気込みはホンモノだ。

 ホンモノと思う点はほかにも複数ある。足まわりに軽量かつ優れた減衰特性をもつショーワ製の「SFF-BP(Separate-Function Fork Big Piston)倒立フォーク」や、コントロール性の高いラジアルマウントキャリパーが遠慮なく奢られていたりするあたり、妥協なき1台であるのがうかがえる。

 CB1000Rを走らせてすぐに「コイツはヤバイ!」と直感する。CBR1000RR譲りのパワフルさを受け止める車体が、あまりにも小さく、そして軽すぎるからだ。1000ccクラスの車格とは思えない軽快感である。とても、車重が212kgあるとは思えない。一般的なネイキッドバイクより低く、やや遠いハンドル位置も軽快感をさらに高める。

 なにしろ走行中、ライダーの視界に両手はおろかメーターパネルすらほとんど入らないのだ。カウルもなにもないコンパクトなフロントまわりは、視覚的にも軽快感を大いに高める。

 カウルなどがないぶん、高速走行時は風圧をまともに浴びてしまう。が、それはバイクに乗る醍醐味と思えば問題はない。それに、アシストスリッパークラッチなどの最新機能によって長時間のライディングや混雑する街乗りは疲れにくくなっているのだ。

 とはいえ、CB1000Rは誰もが自在に操って楽しめるバイクではないかもしれない。理由はいくつかあるが、ひとつはハンドルの遠さだ。Uターンなどフルロックターンするときは、ハンドルがさらに遠ざかってしまうので、もう少し手前にあってもいいのでは? と、思わなくもない。

 デザインやテクノロジー、走行性能に一切の妥協がないCB1000Rは、ノーマルのままとことん走り込み、限界まで使い倒したいと思う1台だった。細部をカスタムするのも、よりバイクを楽しむうえで大切かもしれないし、「ここさえ変えたらもっと自分好みになるのに……」と、考えてしまうバイクが多いなか、CB1000Rはそのままの姿でいつまでも乗り続けたくなる貴重なバイクだったのだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ