PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

新型マカンは夏に登場--ポルシェ ジャパンが語るこれからのポルシェ

Messenger

 911やボクスター&ケイマン、そしてカイエンと日本で人気なポルシェだが、その中でも売れ筋なのがSUVのマカン。その新型モデルを2019年夏に導入することをポルシェ ジャパンが発表した。

文・藤野太一 編集・iconic

日本市場に注力するポルシェ

 2018年12月19日、ポルシェジャパンは、東京都品川区・天王洲アイルで、10月のパリモーターショーで初披露された新型マカンの発表会を行った。

 発表会の冒頭には、ポルシェジャパンの七五三木敏幸社長が登壇。ポルシェ70周年を迎えた2018年に行ってきたさまざまな取り組みを振り返るとともに、71年目に向け「進化と挑戦」をテーマに掲げ、2019年の新型マカンと、2020年のポルシェ初のEV、タイカンの導入について言及。2018年12月現在、全国で44店舗ある正規ディーラーを2019年は5店舗増加する計画という。詳細は述べられなかったが、タイカンの導入に向けては高出力の急速充電器を設置するなど順次進められていくはずだ。

 さらに驚いたことに、2021年に千葉県木更津市にポルシェ・エクスペリエンス・センター(PEC)を開業すると発表した。PECとは、ポルシェが独自に設計するテストサーキットやオフロードコースなどを備えたポルシェのブランド体験を行うドライビング施設だ。現在、アトランタ、ロサンゼルス、ル・マン、ライプツィヒ、シルバーストーン、上海などに設置されており、日本は世界で8番目の施設になるという。

 日本は世界的にみても中国、アメリカ、ドイツ、イギリス・カナダに次ぐ6番目の市場であり、国内販売台数も2009年当時に比べて2倍以上になっており、かつ911や718など2ドアスポーツモデルの販売比率が高いというだけあって、相当に思い切った投資を行っていくようだ。

ポルシェ 新型マカン|Porsche New Macanお披露目された新型マカンとポルシェジャパンの七五三木敏幸社長。マカンはポルシェの販売台数の約4割を占めるという主力モデル。マイナーチェンジだが、その進化振りに注目したい。
ポルシェ 新型マカン|Porsche New Macanお披露目された新型マカンとポルシェジャパンの七五三木敏幸社長。マカンはポルシェの販売台数の約4割を占めるという主力モデル。マイナーチェンジだが、その進化振りに注目したい。

新型マカンは先進装備が充実

 マカンは2014年に登場したカイエンの弟分にあたるミッドサイズSUV。2017年末までの世界累計販売台数は31万8000台を超え、ポルシェの販売台数の約4割を占めるという屋台骨だ。登場からおよそ4年のタイミングでマイナーチェンジを行った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ