PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

世界で認められた日本製高級セダンは日本でも売れるのか--レクサスのミドルサルーン“ES”を試す

Messenger

 海外市場においてレクサスブランドを支え続けてきた基幹モデルが“ES”。カムリをベースとした高級セダンの実力を試す。

文・西川 淳 編集・iconic

世界で一番売れているレクサス

 聞き慣れない名前のレクサスだな、と思う方もいらっしゃることだろう。レクサスのこの新型サルーンについて語る前に、そもそもどうしてESが誕生したのか、簡単に振り返っておきたい。

 その前に、ひとつ質問です。世界で売れている日本のセダンと言えば、何?

 日本国内で販売されている国産セダンの数がすでに少ないので、なかなかイメージしづらいことだろう。たとえばミドルサイズサルーンのトヨタ カムリなどはアメリカや中国で驚くほどの数が売れているベストセラーカーで、2017年には世界でおよそ57万台もさばいた。

 何が言いたいか。アメリカや中国といった大陸系マーケットはいまだにコンサバな3ボックス(というにはかなり角も丸くなってはいるけれど)セダンが売れるマーケットであるということ。

 1989年、そんなアメリカ市場で新たな高級車販売チャンネルとしてトヨタがレクサスを展開する。ドイツ車やアメリカ車に占有される高級サルーン市場を渾身の一作・初代LS(日本名トヨタセルシオ)で切り崩してみせるというそれは野心的な挑戦だった。

 とはいえ新ブランドを立ち上げるにあたり、店頭に並ぶクルマがいきなり最も高価なLSだけじゃ、ディーラーの商売は成り立たない。商売の基本=松竹梅を揃える、とはいかずとも、せめて松竹くらいはラインナップしておこう、というわけで、アメリカで既に人気を得ていたFFサルーンのカムリをベースに高級仕様へと仕立てなおしたセダンが初代ESであった(せっかくだからと、日本でもカムリプロミネントという名前でちゃっかり売っちゃった)。

 これが意外にも大ヒットした。どれどれ新しいブランドだって、と、興味本位でレクサス店を訪れた人たちの多くが、広くて豪華でお買い得なESを買っていったのだ。以来、RXなどのSUVが本格的に出揃うまでは、アメリカでレクサスといえばES、という時代が長く続く。

 日本でも第2~4世代のESはウィンダムという名前で売られていたから、筆者と同性代の方ならよく覚えていらっしゃることだろう。ああ、懐かしい。ウィンダムは格好よかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ