PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

エントリーモデルと侮るなかれ! 最も楽しいSクラスかも--メルセデス・ベンツ S400dに試乗

Messenger

 最新の直列6気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載したS400dが登場した。ディーゼル+ハイブリッドと聞くと、環境性能&燃費重視なモデルと想像しがちだが、果たしてその実力は?

文・藤野太一 写真・河野敦樹 編集・iconic

 メルセデス ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、“直列6気筒"のクリーンディーゼルエンジンを搭載した「S400d」が登場した。

 現行Sクラス(W222型)は2013年に登場して以来、ガソリンエンジンはもとより、ガソリン+ハイブリッド、ディーゼル+ハイブリッド、プラグインハイブリッドなど、さまざまなパワートレインを搭載してきた。とくに2.1リッター4気筒ディーゼル+ハイブリッドを搭載した「S300h」はリッター20km(JC08モード)を超える燃費で、あのSクラスが! と大きな話題となった。実際に現行Sクラスの国内販売におけるモデルミックスは、「ガソリン+ハイブリッド」が40%、「ディーゼル+ハイブリッド(S300h)」が30%、「ガソリン単体」が25%、「プラグインハイブリッド」が5%だという。

 現行Sクラスのデビューから5年を経て満を持して投入されたのが、コンハ?クトな新型“直列6気筒”クリーンディーゼルエンジンだ。3割を占めていた「S300h」に代えてというから責任重大だ。メルセデスによれば近年の電動化に向けたパワートレイン戦略において、ピュアEV、プラグインハイブリッド、そして48Vマイルドハイブリッドの大きく3つにラインナップを集約するため、「S300h」のようないわゆるストロングハイブリッドはあえてやめるのだという。

 そして、この新型ディーゼルエンジンは先に「S450」などが搭載した直列6気筒ガソリンエンジンと基本設計を共にするモジュラーコンセプトを採用している。コンパクトで効率性に優れ振動が少なく静粛性が高いといった直6の特徴はディーゼルになっても変わらない。これに低速域で効果を発揮する2ステージターボチャージャーを組みわせ、最高出力340ps、最大トルク700Nmとメルセデスの乗用車が搭載するディーゼルエンジンとしてはもっともパワフルなものだ。

メルセデス・ベンツ S400d 4MATIC ロング|Mercedes-Benz S400d 4MATIC LONG試乗したのは、全長5255mm×全幅1900mm×全高1495mmのS400d 4MATIC ロング。ホイールベースはスタンダードモデルよりも130mm長く、3165mmとなっている。車両価格は1535万円。なお、スタンダードモデルであるS400dの車両価格は1138万円と、Sクラスで最も安価なモデルとなる。
メルセデス・ベンツ S400d 4MATIC ロング|Mercedes-Benz S400d 4MATIC LONG試乗したのは、全長5255mm×全幅1900mm×全高1495mmのS400d 4MATIC ロング。ホイールベースはスタンダードモデルよりも130mm長く、3165mmとなっている。車両価格は1535万円。なお、スタンダードモデルであるS400dの車両価格は1138万円と、Sクラスで最も安価なモデルとなる。

 最近のディーゼルエンジンは車内にいれば、それとわからないくらい静かなモデルも増えてきた。以前の「S300h」も同様で、車内にいれば静かだった。ただし、4気筒ゆえエンジン始動時の音も振動もそれなりにあるし、ハイブリッドモデルゆえ切り替え時のエンジン音振も気になった。それが、この「S400d」の新型ディーゼルエンジンは、車外にいてもディーゼルとわからない。ガソリンと共用の軽量なアルミのシリンダーブロックに、高トルクに耐える強靭なスチールのピストンを組み合わせ、特殊な加工を施していると説明を受けたが、とにかくその静かさに驚いた。個人的にはこれまで乗ったディーゼル車の中でもっとも静かだったと言える。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ