PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

フレンチ・スポーツはどうしてこんなに魅力的なのか?--アルピーヌA110とルノー メガーヌR.S.を乗り比べる!

Messenger
RENAULT MEGANE R.S.|ルノー メガーヌ R.S.
RENAULT MEGANE R.S.|ルノー メガーヌ R.S.

 バランスの良い性能の決め手は強力なダンパー

 本来は相反する「高性能」と「快適性」を両立させるには、クルマの基本レイアウトに始まってサスペンションの設計、スプリングやダンパーの設定など様々な要素をたくみに総合しなければならない。このなかで、目に見える材料として比較的わかりやすいのが、A110とメガーヌR.S.の両方に採用されたHCC(ハイドロリック・コンプレッション・コントロール)という特殊なダンパーである。

 大きな路面のうねりを高い速度で強行突破しようとすると、ボディが大きく沈み込んで底付き(ボトミング)を起こす場合がある。これを防ぐのがサスペンションに取り付けられたバンプストップラバーといわれる一種のゴム。サスペンションのストロークを使い切ったときにボディをこのゴムにあてて、それ以上、ボディが沈み込むのを防ぐ部品だ。

 HCCは、このゴムの代わりに強力なダンパーを使って沈み込みを防いでいる。どちらもボトミングを防ぐという目的は同じであるが、それをゴムというバネの一種で行なうか、ダンパーで実現するかの違いがある。ただし、バネには反発力があるから、ボディがそこにあたれば跳ね返される。反対にダンパーはモノが動くスピードを抑えるための部品なので、ボトミングしそうになるボディの動きを急激に抑え込むだけで、その後の反発は起こさない。つまり、ボトミングを防ぐパーツとしては理想的な働きを示してくれるのである。

 こうしてルノーは、ボトミングを恐れずに柔らかいスプリングが採用できたのではないかと私は睨んでいる。

 サスペンションを適度に柔らかくすると、乗り心地が優しくなるだけでなく、うねった路面にもタイヤが柔軟に追従できるようになり、安定したグリップが得られる。A110とメガーヌR.S.が荒れた路面でも断続的にグリップを薄れさせることなしに、狙ったラインを正確にトレースできるのは、このためだろう。

RENAULT MEGANE R.S.|ルノー メガーヌ R.S.メガーヌR.S.が搭載するエンジンは1798cc直4DOHCターボ(279ps/390Nm)。
RENAULT MEGANE R.S.|ルノー メガーヌ R.S.メガーヌR.S.が搭載するエンジンは1798cc直4DOHCターボ(279ps/390Nm)。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ