PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

コンフォート至上主義のユニークSUV!--シトロエン新型C5エアクロス登場

Messenger
シトロエンC5 エアクロスは5人乗りないしは7人乗りのSUV。
シトロエンC5 エアクロスは5人乗りないしは7人乗りのSUV。

(パリサロン速報)

 ハイドロを彷彿とさせる新技術を搭載!

 今はなきシトロエンC5はハイドラクティブサスペンションを4輪すべてに採用した最後のモデルだった。そして、2015年の販売終了以降、シトロエンはハイドラクティブサスペンションの技術を捨てず、地道に研究しているというウワサがあった。

文・南陽一浩 写真・望月浩彦

 そのウワサは本当だった。今回のパリサロンでロードホールディング担当エンジニアより直接話を聞くことが叶った。実はハイドラクティブサスペンションの技術を応用した新たなサスペンションはすでにフェイスリフト後のC4カクタスに採用されているという。とはいえ、同モデルは日本市場に導入されなかったため、新しいテクノロジーはほとんど知られていない。

 この新テクノロジーを搭載し、かつ来年の日本導入が決定しているモデルが「C5エアクロス」だ。

CITROEN C5 AIRCROSS|シトロエンC5 エアクロス2列5人乗り仕様と3列7人乗り仕様を用意。
CITROEN C5 AIRCROSS|シトロエンC5 エアクロス2列5人乗り仕様と3列7人乗り仕様を用意。

 C5エアクロスは、すでに日本でも販売されているプジョー3008、5008らと同じ「EMP2プラットフォーム」を用いるSUVであるが、プジョーと異なる同車の大きな特徴は徹底したコンフォートの追求にある。

 デイ・ランニングライトとヘッドライトを上下2段に分けたフロントマスク、ドアサイドのエアバンプ(C5エアクロスのそれはエアなしの飾りだが)など、近年のポップでオプティミストなシトロエンのデザイン・コードは踏襲しつつ、分厚く水平なボンネット、高めのショルダーラインなどSUVの文法もきっちり守っている。

 7人乗りと5人乗りを用意するが、どちらも2列目は3座独立でそれぞれに前後スライドが可能だし、シートをそれぞれ格納することも出来る。しかもシートのクッションは厚めにとりつつ、包み込むようにサポートするという、まさにシトロエン・ライドの基本に則っているのだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ