PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

コイツは完璧に動くショーカーだ!--日産GT-R50 by イタルデザインに乗った

Messenger

 日産自動車とイタルデザインがタッグを組み作り上げた特別なGT-R、日産GT-R50 by イタルデザインに幸運にも乗る機会を得た。西川 淳が真夏のラグナセカで走った。

文・西川 淳

日産 GT-R50 by イタルデザイン|Nissan GT-R50 by Italdesign
日産 GT-R50 by イタルデザイン|Nissan GT-R50 by Italdesign

 幸運は、どこでいつなんどき降ってくるか分からない。

 毎年“見学”に行く、モントレー・カー・ウィーク。その日、朝からコンクール・レモンとコンコルソ・イタリアーノをさっさと見学し、駐車場が混みだす前にと急いでラグナセカへと向かったときから、“ラッキーの歯車”が回りはじめていたのかもしれない。

 昼前に、「モータースポーツ・リユニオン」の舞台となるラグナセカ・サーキットへ到着。午後のレース(この日はF1やIMSA GT、トランザムといった人気カテゴリーが予定されていた)が始まる前に、と、いつもならそのまま毎年恒例のスタンド席へと向かうはずが、その日に限って何かに導かれたかのように分かれ道をパドックの方向へと辿っていた。

 日産&ダットサンのブースが見えた。そう、今年のラグナセカのテーマだ。510ブルーバードやフェアレディSR、ダッツンZなどがズラリと並んでいるその向こうに、ひと際人だかりのあるクルマがあった。

 それが、日産GT-R50 by イタルデザインだった。

 7月に英国で開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(FoS)にて初公開された、R35 GT-Rのスペシャルバージョン。日産のアメリカとヨーロッパのデザインチームが中心となってコンセプトを練り上げ、車体の開発と設計、製造をイタリアのイタルデザインが負うという異色のプロジェクトで、90万ユーロ~の価格設定と限定50台以下という生産台数も話題になった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ