PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

サッカーと移籍金――誰のために“移籍金”はあるのか?

Messenger

 最近ではクリスチアーノ・ロナウドや武藤嘉紀のチーム移籍に伴い、話題となっている「移籍金」とはなにか? スポーツジャーナリストの了戒美子が解説する。

ユベントスに移籍したクリスチアーノ・ロナウド。現地でも大人気だ(Photo by Valerio Pennicino - Juventus FC/Juventus FC via Getty Images)。
ユベントスに移籍したクリスチアーノ・ロナウド。現地でも大人気だ(Photo by Valerio Pennicino - Juventus FC/Juventus FC via Getty Images)。

 毎年、欧州主要リーグが休みになる夏のあいだ、フットボールファンたちの楽しみは移籍市場の動向だ。大物が動くのか動かないのか、どこに動くのか、いくらで動くのか。今年はW杯があったことから、新星たちはどんな動きをするのか。試合そのものよりもスペクタクルを感じ、ワクワクする人もいるに違いない。

 4年前に遡ってみると、W杯で日本を苦しめたコロンビアのハメス・ロドリゲス(当時23歳)はフランスリーグのモナコから、スペインのレアル・マドリードへ大出世を果たした。この時は、大会前に移籍が決まっていたわけではなく、W杯中の「レアル・マドリードでプレーするのが夢」という本人の発言や、その活躍ぶりによってビッグクラブを手繰り寄せた。W杯は品評会的な、あるいはアピールチャンス的な意味合いを持つ場でもあるのだ。

 ちなみに今年の日本選手を見てみると、大迫勇也がブレーメンへ、乾貴士がベティスへそれぞれ大会前に移籍を決めた。これは、W杯を経ても評価額がそう変わらないという代理人の読みもあってのことだが、結果的にビッグクラブ移籍を求めて過度なアピールをW杯でしないで済んだこと、つまりはチームプレーに徹することができたのではないかと思う。環境の安定が彼らを主力として活躍させ、16強進出につながった一つの要因だと思う。

 これに対し移籍が決定しきっていなかった武藤嘉紀はやはり、アピールに走った印象を個人的には受けた。もちろんアピールすることは悪いことではないのだが。

 この夏の最もおおきな移籍の話題はクリスチアーノ・ロナウドだろう。9シーズンプレーしたレアル・マドリードを離れ、イタリアのユベントスへの移籍を、W杯中に発表した。移籍金は1億ユーロ(手数料込みで1億1700万ユーロ)と言われており、これはイタリア・セリエA史上最高額だという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ