PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

“やばい。キターーーーーーーッ! ”と興奮するホットハッチ、それが新型ポロGTIだ

Messenger

 ストローク長はあるのに簡単には縮まないサスペンションは、路面の凹凸を遠慮なく拾う。だから乗り心地は、それほど良くはない。ちなみに、欧州で乗ったポロGTIは、これがプチ・ゴルフGTIと呼べるほどしなやかだったのだが……。また、振動がステアリングシャフトやインパネに共振して、ときおりブーッとビビるあたりも、ゴルフに比べ格段に安っぽい。極めつけは、国産ワークスチューニングカーを真似たような、インパネの赤いカラーリング。これをスポーティと呼ぶのは気恥ずかしい。

 だがしかし、あなたがハッチバックに若さへの憧れを投影しているならば、ゴルフGTIよりポロGTIに乗った方がよい。ゴルフに比べ遮音が効かず、中身がスッカスカな分だけ動きが断然軽やかである。

 この肉食系ハッチバックに乗ると、自然と運転がうまくなるだろう。正確に反応するステアリング。ロールが少なくクルマの動きを的確に伝えるサスペンション。そして右足の期待に応えるエンジンパワー。

 その“じゃじゃ馬”なコンセプトは先代と同じだが、ワイドになったトレッドと伸長したホイールベースによって、そこには高い安定性もくわわった。重心が下がり、サスペンションの接地性が上がったおかげで、XDS(電子制御式デフ)の効きも無理矢理感がなく、付いていることすら意識しなくなった。

 その破綻のない、しかし刺激的な走りに触れ続けることで、きちんとクルマを動かそうと思うようになるはずだ。そして運転することが、どんどん楽しくなる……。そんなハッチバックが、いま日本にどれほどあるだろうか?

 ポロGTIの価格は344.8万円と、Bセグメントのハッチバックとしては存分に高い。しかし、ここまでの完成度を見せつけられると、もはやその価値はBセグメント車の範囲内では推し量れない。ノーマルのポロは庶民のアシだがGTIは別格。ライバルはずばり、ミニ・クーパーSだろう。

 ゴルフGTIがキング・オブ・ハッチバックだという思いは変わらない。しかし、極めてシンプルなクルマの愉しさが欲しい、と思うならば、ボクはポロGTIを選ぶべきだと感じた。大は小を兼ねない。ポロGTIには、ゴルフGTIにはない良さがあるのである。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ