PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

クラウンよ、若返りは本気か?――新型クラウンの存在意義

Messenger

 ほかのモデルを見ると、新しいカローラはハッチバックがメインとなり、これまでヴィッツベースであった国内専用モデルから方向転換した。実はこの新型、欧州向けに開発したオーリスと同じモデル。コンサバでドメスティックなカローラから一気に舵を切ったのだ。トヨタにとって重要モデルであるカローラも大きな変革点を迎え、これと並行しクラウンも大きなチャレンジをすることとなった。

 さてクラウンは言うまでもなくトヨタブランドの頂点に立つ国内専用モデルだが、そのポジションが逆にクラウンの悩みの種だった。国内だけでペイするにはかなりの台数を販売しなければならず、漸減していくクラウンの台数を維持するには大きな努力が必要だ。実に国内マーケットのみで存在出来るのは、軽乗用車だけになってしまった現状をみると理解できる。

 クラウンはトヨタのトップエンドであるだけに、充実した装備とクオリティ、そして厳しくなる安全対応に合わせた巨額なコストがかかる。かといって日本に合わせた使いやすいサイズは海外で受け入れられず、販路拡大もできないでいる。つまり、単独で国内専用モデルであるクラウンを作るには、メーカーの心意気(!)とテクニックが必要になるのだ。

 新しいクラウンはレクサスLCから採用する最新のGL-Aプラットフォームをベースに、クラウン専用に起こした。トヨタのクルマ作りの新しい考え方であるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)がもたらしたプラットフォームの完成度の高さはプリウス以来定評があり、FR用GL-Aプラットフォームも同様に評価は高い。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ