PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

クラウンよ、若返りは本気か?――新型クラウンの存在意義

Messenger

 購買年齢層の若返りを狙う新型クラウン。トヨタの目論見を、ユーザーは受け入れることが出来るのか? 試乗した日下部保雄がクラウンのあるべき姿、方向性を探る。

文・日下部保雄 写真・花村英典

 トヨタの苦悩は伝統ある車種の購買年齢が高くなっていることだ。クラウンのみならずカローラも平均購買年齢は70歳代、アクティブに使ってもらおうと開発されたカローラ・フィルダーもいつの間にか60歳代になっている。

 コロナの後継であるプレミオ・アリオンも同じか、さらに高くなっているのは想像に難くない。長年クラウンを愛用するユーザーも、年齢に応じて、より小型のクルマへの乗り換えが進み、クラウンから離れていく傾向にあり、販売台数は減っていくのが目に見えている。もちろん、これまでもトヨタが黙って指を食えて観ているわけもなく、常にその年齢を引き下げようと新型クラウンの企画を実施してきた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ