産経ニュース

スペインで進化し続ける乾貴士を支えた、小さな街のサポーターとチームの愛情

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


スペインで進化し続ける乾貴士を支えた、小さな街のサポーターとチームの愛情

 “エイバルでサムライ乾が爆発している!”

 “乾は左サイドの短剣であった”

 “ドリブルは目がくらむ凄さ”

 リーガ・エスパニョーラの2017/2018シーズン、スペインの各スポーツ誌はそういった表現で乾貴士を何度か称えた。いまや、スペインメディアにINUIという言葉が出ることが当たり前になっている。

 乾貴士は、初めてリーガ・エスパニョーラ(以後リーガ)で成功できた日本人だ。かつてリーガにはそうそうたる日本人選手がチャレンジしてきたが、誰もが目立った実績を残せず長くない期間で去っていった。サッカーメディアはスペインを、“日本人選手の鬼門”と呼び続けていた。

 そんなハードルの高いリーガにおいて、乾は2015年夏のエイバルへの入団以降、着実に存在感を強めてきた。以下は2018年5月16日時点でのいくつかの記録だ。

 ・日本人リーガ最多試合出場記録(94試合)

 ・日本人リーガ最多得点記録(11得点)

 ・FCバルセロナ相手にゴールを決めた初の日本人選手(1試合2得点)

 ・リーガ通算70,000ゴールめとなるメモリアル弾を決める

 すべてが日本人初となる記録。そしてもうひとつ、乾はリーガの所属チームとサポーターにもっとも愛された日本人選手とも言えるだろう。どういうことか、エイバルとの繋がりについて記していく(以降は中盤まで2017年12月と2018年2月の取材時の記事)。

 エイバルとの良好な関係のきっかけは、乾の少年時代に遡る。「将来はスペインでサッカーをする」という子供のころからの夢と、その願いを叶えたエイバルとの縁を本人が教えてくれた。

 「7歳上の兄がテレビでスペインのサッカーを観ていて、一緒に観るようになりました。小学6年ころからですね。そしたら凄く面白くて、いつかスペインでと思い始めました。その時観たスペインのサッカーが、とにかく楽しそうだったんです。俺の勝手な想像ですけど、選手が思い描くプレーどおりにできている時は絶対に楽しくて、観ている方も楽しくなる。自由さもありました。もう、絶対に楽しいんやろうなと(笑)」

 少年時代、食い入るように見たスペインサッカーのなかで、ある試合が憧れをさらに強めた。

 「当時からバルセロナは凄い選手のたくさんいる強豪だったんですが、そのバルセロナにビジャレアルが3-0で勝ったんです。(当時)こういうよく知らないチームでもバルセロナに勝ったりできるんやと衝撃を受けました」

 中学3年生のころには、リーガが明確な夢になっていた。滋賀県立野洲高校では全国高校サッカー選手権大会に出場し、優勝を経験。その後、横浜F・マリノス、セレッソ大坂を経て、2011年にドイツ・ブンデスリーガの2部VfLボーフムに移籍。

 その契約時から、エージェント(秋山祐輔氏)に「スペインに行きたい」と伝え、スペインを目指してドイツでの活躍に力を注いだ。

 そして1部フランクフルトに在籍していた2015年、ついにエイバルから声がかかった。そのときの心境を聞くと、嬉しさを思い出すようにこう言った。

 「ついに来たか~!という感じでしたね。ほんまに」

続きを読む

このニュースの写真

  • スペインで進化し続ける乾貴士を支えた、小さな街のサポーターとチームの愛情