PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

今なお色褪せぬホンダの初代「NSX」 極上の1台を試乗する

Messenger
タイプS専用のレカロ社製フルバケット電動シート
タイプS専用のレカロ社製フルバケット電動シート

 全長×全幅×全高=4430mm×1810mm×1160mmのコンパクトボディと1320kgの軽量設計がもたらすフィーリングはライトウェイトスポーツそのもの。新型NSX3基のモーターの力を借りて“軽さ”を演出しようとしているが、初代NSXはなんの仕掛けもなしに、純粋に素性のよさだけで新型をしのぐ軽快さを手に入れている。

 これほど心地よく、そして走らせて痛快なスーパースポーツカーは空前にして絶後かもしれない。いまなお初代NSXが人気を集める理由も納得だ。

  

 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ