産経ニュース

メルセデス・ベンツS450に試乗 “新直6エンジン”にメルセデスのこだわりをみた

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


メルセデス・ベンツS450に試乗 “新直6エンジン”にメルセデスのこだわりをみた

 直6エンジンは6つのシリンダーが均等なタイミングで燃焼し、互いに振動を打ち消し合う“完全バランス”のエンジンとも呼ばれる、静粛性に優れかつスムーズな回転フィーリングが特長だ。かつてBMWの直6エンジンは、絹のような滑らかさから“シルキー・シックス”と形容されていたほどだ。

 しかし、エンジンルーム内に縦長に配置するため、クラッシャブルゾーンの確保が難しく、前方衝突時の安全性に課題があった。1997年、メルセデスは直6エンジンの生産を終了し、より小型化が可能なV型6気筒エンジンに置き換えた。

 20年の歳月はエンジン技術を進化させた。鍵となるのは近頃よく耳にする“電動化”だ。S450は車名にはうたっていないが、マイルドハイブリッドカーだ。直6エンジンとオートマティック変速機との間にスターターと発電機を兼ねたモーター&インバーター「ISG(Integrated Starter-Generator)」を配置している。ISGはエンジンの始動時やアイドルストップからの再始動時にはスターターとして働き、加速時にはエンジンをアシストする。また、エンジンにとっては、ISGがあるのでウォーターポンプやエアコンを駆動するためのベルト類が不要になる。結果、直6をV6エンジンなみに小型化することに成功した。メルセデスはこのユニットを、「先代V6エンジン比で約20%のCO2排出を削減し、出力は8気筒エンジンに匹敵、d15%以上向上し、燃費は4気筒エンジンと同等である」とうたう。

続きを読む

このニュースの写真

  • メルセデス・ベンツS450に試乗 “新直6エンジン”にメルセデスのこだわりをみた