PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

Cクラスを超えたメルセデスのコンパクトカー--新型Aクラスを小沢コージが評価する

Messenger

 「こりゃマジでCクラス、要らないかも?」 

 乗るなり小沢はドカンと衝撃を受けてしまった。そう、先日クロアチアで乗ったばかりの新型4代目メルセデス・ベンAクラスにだ。一見、デザイナーが「モダン・ラグジュアリー」と呼ぶセクシースタイルが自慢の現行3代目の延長線。新作プラットフォームのMFA-IIも一部に先代MFA(メルセデス・フロントドライブ・アークテクチャー)の進化版というウワサもあり、もしや手直し程度か? と一瞬思ったが、乗ってみるとクオリティレベルが全然違う。スタイルからステアリングフィールから乗り心地から静けさからエンジンの力強さまで、全面的にガチで良くなっているのだ。

 

 とくに先代Aクラスの、とくに初期型で厳しかった乗り心地とは雲泥の差。ガツンと入っていた衝撃は本当にソフトになり、先日北京で発表されたロングホイール版セダンを考えると、マジで一つ上のCクラスの代わりにもなりうるかも?と思えるほど。Cクラスは走り味優先のFRレイアウト、Aクラスは変わらずスペース重視のFFレイアウトだが、そんなの関係なしのクオリティ下克上! 実際、中国版はホイールベースが80mmも広げられているので乗り心地にしろ、よりいいはず。 

 それはさておき、今回乗ったノーマルホイールベースのハッチバックも別物といいっていい進化。スタイルは一見3代目譲りのスポーティフォルム。しかしよりキリッとシャープになったLEDヘッドランプを含め、全長が120mm、全幅が16mm、ホイールベースが30mmも伸びた一方、高さはプラス6mm。結果、リアから見た時のワイド感、ドッシリ感は別物。まさしくひとクラス上の存在感。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ