PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

ついにクルマが空を飛ぶ! アウディ、エアバス、イタルデザインがタッグ 革新的な乗り物を提案

Messenger

 アウディとイタルデザイン、そしてエアバスがタッグを組み、ジュネーブ・モーターショーで新しい時代の乗り物を提案した。「ポップアップ ネクスト」と名付けられたこの未来のクルマは、2人乗りのキャビンをベースに「車両モジュール」あるいは「飛行モジュール」と組み合わせて移動する。

ショー会場にて。車両モジュール装着時(上には飛行モジュールが見える)
ショー会場にて。車両モジュール装着時(上には飛行モジュールが見える)

 「都市の多様なニーズを考慮した新しいコンセプト」。アウディの取締役でありイタルデザインの社長も兼ねるドクター・ベルント・マルテンスは、このクルマをそう定義している。

 イメージとしてはVTOL(垂直離着陸機)のように動くらしい。ドローンを思わせる4つのプロペラが飛行モジュールに備わり、都市内での立体的な移動を可能にするという。

 デザイン自体はたいしてスタイリッシュでないところが現実的ともいえ、映画『ブレードランナー』に登場する乗り物"スピナー"が、ついに現実のものに? とつい身を乗り出してしまった。

 アウディでは2000年代に「アーバンフューチャー イニシアティブ」と銘打ち、過密化する都市の交通環境に対するソリューションを、建築家や都市プランナーと一緒に考える企画を推進してきた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ