PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

これぞ新BMW流モテパターン? BMWの新型SAV、X2がやってくる!

Messenger

 「なんだよ、全然使えるじゃん!」

 リスボン郊外で見るなり、嬉しい裏切りというか予想外の手応えを得てしまった。それはいち早く乗ってきた新しいBMX X2。

 全長4.3m台のいまどきのコンパクトSUVで中身はBMWの2シリーズ・アクティブツアラーと同じFFプラットフォーム。とはいえその鮮やかなガルバニックゴールドのイメージカラーやポップな「M Sport X」モデルの無塗装風バンパー開口部に、ファッション優先の匂いをバリバリ感じたが、いざ乗り、使ってみるとまったくもってよく出来た実用ハッチバックの範疇に入るのだ。

 それどころかFRレイアウトの現行BMW1シリーズ」やスタイルに特化しまくったトヨタCH-R」などより全然使えそう。

 具体的にいうと、リアシートは身長176cmの小沢コージが前シートに座ったポジションで、そのまま真後ろに座ってもヒザ前に余裕はあるし、頭も天井低めだが普通に見渡せる。 

 なによりラゲッジススペースが圧倒的で標準で470リッターとライバルを完璧凌駕! 価格帯こそ違えどほぼライバルのトヨタ「CH-R」が318リッター、ホンダ・ヴェゼルが393リッター、ガチンコライバルのアウディQ2でさえ405リッターとぶっちぎり。というか470リッターってヘタな大型セダンのトランクに匹敵するから。 

 オマケに広い床下収納があって仕切りの床上ボードを2分割に折って仕切りとして使えるわ、後席シートバックを424で倒して長尺物を運べたりとやたら便利。まったくもってカッコだけのいまどきスタイリッシュSUVじゃないのだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ